出血傾向

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
出血傾向
分類及び外部参照情報
ICD-10 D69.9
ICD-9 287.9
DiseasesDB 1442
MeSH D006474
プロジェクト:病気Portal:医学と医療
テンプレートを表示

出血傾向(しゅっけつけいこう、英:Bleeding tendency, Hemorrhagic Diathesis )とは、何らかの原因で止血機序が破綻し、出血が抑制できない状態のこと[1][2]出血性素因ともいう。種々の疾患、あるいは医薬品によっても引き起こされ、軽症のものから死に至るものまで多岐にわたる[2]

原因となる疾患[編集]

原因となる薬物・毒物[編集]

参照・引用[編集]

  1. ^ 日本臨床血液学会マニュアル作成委員会、日本病院薬剤師会 (2007年6月). “重篤副作用疾患別対応マニュアル:出血傾向 (PDF)”. 厚生労働省. 2010年8月11日閲覧。
  2. ^ a b 川合陽子 「16章 出血傾向」『臨床検査のガイドライン2005/2006』(PDF) 日本臨床検査医学会包括医療検討委員会、厚生労働省 編、日本臨床検査医学会、2005年11月、p.p.90。2010年8月11日閲覧。