入之波温泉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Hot springs 001.svg入之波温泉
入之波温泉湯元 山鳩湯PB242529.jpg
大迫ダムに面した入之波温泉湯元 山鳩湯
温泉情報
所在地 奈良県吉野郡川上村
交通 公共交通機関近鉄大和上市駅から奈良交通バス湯盛温泉杉の湯行き終点下車、タクシーで15分
車:西名阪自動車道郡山ICより約90分
泉質 含炭酸重曹泉、単純温泉
泉温(摂氏 39 ℃
湧出量 500 ℓ(毎分)
pH 6.6
液性の分類 ナトリウム 炭酸水素塩・塩化物泉
宿泊施設数 1
テンプレートを表示

入之波温泉(しおのはおんせん)は、奈良県吉野郡川上村(旧国大和国)にある温泉

泉質[編集]

  • ナトリウム 炭酸水素塩・塩化物泉(山鳩湯)

温泉街[編集]

2009年5月閉館となった五色湯は単純泉であり、近代的な建物であった。

吉野川の源流に近い山奥、大迫ダムのほとりに1軒の旅館「山鳩湯」、および民宿2軒がある。

山鳩湯は、成分の多い濁り湯で有名。湯船は本来はの浴槽でありながら、そうであることは全く分からないほどに黄褐色の石灰質の析出物が付着している。巨大なケヤキの切り株で造られた露天風呂は特に付着が激しい。毎分500Lの湧出量がある。

大台が原に向かう登山道の途中に、江戸時代湯治場であった五色湯跡があり、現在も温泉が湧いている。但し、ここで湧出しているお湯は五色湯旅館で使われていない。

歴史[編集]

古くから薬湯として知られ、平安時代にはすでに温泉として開湯されていた歴史があり、江戸時代には湯治に訪れる人も多かった。

昭和48年に大迫ダムが完成した際に温泉はダムに沈んだが、その後ボーリングによって源泉を掘り当て、山鳩湯旅館が営業を始めて温泉は復活した。 ダムに沈んでから復活した温泉は、他にも日中温泉鶴の湯温泉大牧温泉猿ヶ京温泉大塩温泉などがある。

アクセス[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]