佐藤和哉 (柔道)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
獲得メダル
日本の旗 日本
男子 柔道
世界ジュニア団体戦
2013 リュブリャナ 90kg超級

佐藤 和哉(さとう かずや、1995年4月6日 - )は、静岡県出身の、日本柔道家である。階級は100kg超級。身長180cm。体重105kg。段位は初段。組み手は右組み。得意技は大外刈[1]。現在は新日鉄住金所属[2]

経歴[編集]

柔道は9歳の時に始めた[1]静岡学園中学3年の時に全国中学校柔道大会90kg級で決勝まで進むが、国士舘中学の江畑丈夫に払巻込で敗れた。

静岡学園高校1年の時には全日本カデ90kg超級の準決勝で国士舘高校の田崎健祐に大外刈で敗れた。高校選手権の無差別では準決勝で東海大浦安高校ウルフ・アロン小外掛で敗れて3位だった。高校2年の3月には全日本選手権の東海予選に出場すると、決勝リーグで2勝1敗の成績を収めて2位となり本大会への出場権を獲得した。高校生での全日本選手権出場は1996年に出場した東海大相模高校井上康生以来17年ぶり5人目のこととなった[3]。続く高校選手権無差別では準決勝で昨年敗れたウルフを大内返で下すと、決勝でも田崎を大外刈の技ありで破って優勝を飾った[4]。4月の全日本選手権では初戦となる2回戦で岡山商科大学職員の菊川顕に指導3で勝利したが、3回戦では旭化成百瀬優に大外刈の技ありで敗れたものの、高校生ながら全日本で1勝を上げることになった[5][6]。8月のインターハイでは準々決勝でウルフに優勢負けして5位に終わった。9月の全日本ジュニアでは3位だった。10月の世界ジュニア個人戦では初戦で敗れたが、団体戦では3位になった。

2014年には日本大学へ進学した[7]。1年の時には全日本ジュニアで3位、学生体重別で2位になった。さらに、講道館杯で3位に入ると、アジアジュニアでは優勝を飾った[1]。2年の時には100kg級に階級を変更すると、学生体重別で3位になった[1]。3年の時には階級を100kg超級に戻した。優勝大会の決勝で東海大学と対戦して引き分けたが、チームは2位にとどまった[8]。講道館杯では3位となった[9]。4年の時には優勝大会で3位だったが、学生体重別では決勝で大学の1年後輩の一色勇輝を小内刈の技ありで破って初優勝を飾った[10]。講道館杯では3位だった[11]

2018年からは新日鉄住金の所属となった[1]。講道館杯では決勝でJRA影浦心GSに入ってから反則負けして2位だった[12]

IJF世界ランキングは252ポイント獲得で90位(18/12/10現在)[13]

戦績[編集]

100kg超級での戦績

(出典[1]JudoInside.com)。

脚注[編集]

外部リンク[編集]