亀山敬司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
かめやま けいし
亀山 敬司
生誕 1961年3月
日本の旗 日本石川県加賀市
出身校 石川県立大聖寺高等学校[1]
職業 実業家
著名な実績 DMM.comグループの創業
肩書き DMM.comグループ会長

亀山 敬司(かめやま けいし、1961年3月[2] - )は、日本実業家DMM.comグループ創業者、現DGホールディングス会長[3]。「アダルトビデオ界の大物」と称されてきた[2]

人物[編集]

「アダルトビデオ界の大物」とされるが、「当たったのがたまたまAVだっただけ」でアダルト業界にこだわりや思い入れはないと語る[1][4][5]

かつてはメディアへの露出が極端に少ないことで知られていた[4]。2016年ごろから積極的にインタビューに応じるようになったが、顔写真の公開は許していない[4]

妻がCafe[6]を経営している。実姉は、DMM.com Baseの専務取締役兼蕎麦屋「権兵衛」の経営者の霜下順子[7][8]

来歴[編集]

石川県加賀市出身[1]。実家は商家で、海の家飲食店、カメラ屋など多くの事業を試みていた[2]。1979年に石川県立大聖寺高等学校を卒業[1]。高校では登山部や柔道部などに参加し、授業中は寝ていることが多かったという[2]

高校卒業後は税理士を志して上京し、簿記専門学校に入学するが、税務に関心が持てず中退[1]。19歳の時、東京都六本木の外国人露天商に師事し、以後、六本木、原宿など都内の他、青森ねぶた祭など様々な場所でアクセサリーの露天販売を手掛けた[2][1]

レンタルビデオ店の開業[編集]

1983年、妊娠した姉から飲食店の営業を手伝ってほしいと請われ、24歳で帰郷[2][1]雀荘バーなどの経営を経て1980年代後半にレンタルビデオ店を開業したところ成功し[1]、周辺のレンタルビデオ店を吸収して5店舗ほど運営をするなど業容を拡大させた[2]。やがて、空手家浜井識安が経営し、北陸地方のレンタルビデオ業界で圧倒的なシェアを誇っていた株式会社ビデオシティ(のちにゲオ吸収合併[9])が加賀に進出することとなり、対抗できないと感じた亀山は、浜井に「フランチャイズになりますから、加賀に来ないで下さい」と直談判し、独立性を保ったままビデオシティの傘下となった[2]。その後も加賀市でのレンタルビデオシェア一位を守り続けた[10]

北都創業[編集]

1990年にアダルトビデオの版権ビジネスを行うために地元加賀市で北都を創業した[11]委託販売形式による卸売業を通さない販売ルートの確保や、販売時点情報管理システム (POS) の無償配布によるいち早い導入で事業を拡大した[1]

北都は社名をCAに変え、他の多くのアダルトビデオメーカーをグループに加えていき、いわゆる「アウトビジョングループ」を形成し、AV業界の最大手グループを形成した。

DMM.com創業[編集]

インターネット黎明期であった1998年、松栄立也(のちにDMM.com社長)をITの責任者として採用しネット配信事業を開始した[1]。1999年11月には、加賀市に株式会社デジタルメディアマートを設立(現:DMM.com[12][13]

DMM.comの事業の多角化[編集]

アダルトコンテンツ事業で蓄積した内部留保を背景に多角化を進める[14]。2009年の外国為替証拠金取引(FX)事業への参入を皮切りに、太陽光発電事業、オンラインゲーム事業、モバイル(MVNO)事業、ロボット事業など様々な分野に進出した[15][16][17]。またVRシアターやDMMプラネッツなどの施設展開も行っている。

2010年には自らの発案でクーポン事業とペニーオークション事業を開始したが、翌年に撤退[18][15]。時代に即した事業のアイデアが出せなくなったと感じ、事業計画を持ち込んだ起業家と契約を結んで資金と人材を提供する「亀チョク」という制度をDMMに導入する[14]。この制度からオンライン英会話(DMM英会話)、3Dプリント(DMM.make)、オンラインゲーム「艦隊これくしょん -艦これ-」などの事業が始まった[19][14]

2016年にはDMM.Africaを立ち上げ、アフリカでの新事業をスタートさせた[20]。2016年12月6日には、DMM.comを持ち株会社制に移行し、グループの会長に就任することが報じられた[3]

2017年から私塾のDMMアカデミーもスタートさせた。

連載[編集]

出演[編集]

ネット番組[編集]

ラジオ番組[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j 異形の急成長企業DMM、多角化とトップの実像”. 日本経済新聞 (2014年6月27日). 2016年12月29日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h 高橋篤史 (2015年5月2日). “アダルトビデオ界の大物は、どんな男なのか | 東洋経済オンライン”. 東洋経済新報社. 2016年12月29日閲覧。
  3. ^ a b 大西康之 (2016年12月6日). “DMM社長に34歳外部人材が選ばれた全事情 | 東洋経済オンライン”. 東洋経済新報社. 2016年12月29日閲覧。
  4. ^ a b c 藤井涼 (2016年7月1日). “「俺がアップルならiPhoneを安くする」--DMM亀山会長の“商売論” - CNET Japan”. 朝日インタラクティブ. 2016年12月30日閲覧。
  5. ^ 「やるか、やらないかだけ」DMM亀山会長が語る、インターネットで成功した理由と、”アダルト”の次を担う新しい事業とは? | co-media [コメディア]”. Traimmu (2016年3月10日). 2016年12月30日閲覧。
  6. ^ 子育てが終わった俺のかみさんがCafeをオープンしたよ。” (2016年11月20日). 2017年8月30日閲覧。
  7. ^ あくるめ財団の代表理事が語る、「今、財団を立ち上げる意味」”. 加賀ぐらしのススメ。 (2017年11月5日). 2018年2月9日閲覧。
  8. ^ オレの実姉も石川県の杉水という山奥の限界集落で、そば屋と宿をやっている。” (2016年5月5日). 2017年8月30日閲覧。
  9. ^ 第19期有価証券報告書(株式会社ゲオ) (PDF)”. ゲオホールディングス. p. 3 (2007年6月29日). 2016年12月29日閲覧。
  10. ^ 経営戦略の質問に答えたDMM亀山「ニッチでもいいから一番を取る」”. DMMオンラインサロン Blog. 2017年8月30日閲覧。
  11. ^ 高橋篤史 (2015年5月5日). “アダルトビデオで儲かるのは「販売」ではない | 東洋経済オンライン”. 東洋経済新報社. 2016年12月29日閲覧。
  12. ^ グループ会社概要:DMM.com”. DMM.com. 2016年12月29日閲覧。
  13. ^ 山川晶之 (2015年2月12日). “DMM.com創業の地「石川県加賀市」、ふるさと納税の特典にDMMマネー、寄付額の50% -INTERNET Watch Watch”. インプレス. 2016年12月29日閲覧。
  14. ^ a b c 高橋篤史 (2015年5月8日). “アダルトビデオ界の大物が切り拓く"新境地" | 東洋経済オンライン”. 東洋経済新報社. 2016年12月29日閲覧。
  15. ^ a b グループ会社概要:DMM.com”. DMM.com. 2016年12月29日閲覧。
  16. ^ DMM.comがMVNOに参入 「DMM mobile」 月1Gバイトで660円から”. ITmedia (2014年12月17日). 2016年12月29日閲覧。
  17. ^ 橋本新義 (2015年1月27日). “DMMが5社5体の個人向けロボットを発売。ロボットキャリアとして2年後100億円売上を想定 - Engadget 日本版”. AOLオンライン・ジャパン. 2016年12月29日閲覧。
  18. ^ 【対談】DMM亀山敬司 会長 水族館からモノづくりまで、”なんでもアリ”の先にあるもの(後編)”. ビットバンク (2016年6月8日). 2016年12月31日閲覧。
  19. ^ 亀チョク募集ページ”. DMM.com. 2016年12月31日閲覧。
  20. ^ DMM、アフリカで新規事業「DMM.Africa」スタート 立ち上げ・調査スタッフ募集へ |ビジネス+IT”. SBクリエイティブ (2016年3月17日). 2016年12月29日閲覧。
  21. ^ DI:GAラジオ番組”. ディスクガレージ. 2018年6月17日閲覧。
  22. ^ 空想メディア”. radiko. 2018年6月17日閲覧。
  23. ^ インフォメーション”. ニッポン放送. 2018年6月17日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]