松栄立也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松栄立也(まつえ たつや、1964年7月28日 - )は、日本の社長株式会社DGホールディングス代表取締役社長である[1]

経歴[編集]

石川県金沢市生まれ。石川県立金沢二水高等学校を経て、1989年明治大学商学部を卒業し、今村証券株式会社に入社。のち、プルデンシャル生命保険や株式会社創樹社に勤務。

ネット配信事業への参入を検討していたDMMグループ創業者亀山敬司から依頼された税理士の仲介で、1998年、ITの責任者としてDMMグループの株式会社ケー・シーに入社し、DMM.comの前身となるインターネット配信サイトの立ち上げに携わる。2002年に株式会社ケー・シーを退職し、オーナーの亀山敬司会長により株式会社デジタルメディアマートの代表取締役社長に任命される[2][3]。その後、事業は拡大し、DMM.com証券、DMM.comラボ(旧ドーガ)等が創立され、最近では角川書店との協力によるブラウザゲーム艦隊これくしょん」の大ヒットや、まだ無名だったころのAKB48の劇場公演の配信など、FX事業、太陽光発電事業、3Dプリンターなど、DMMグループはさまざまな分野に進出している。

2017年2月に株式会社DMMホールディングス(現・DGホールディングス)代表取締役社長に就任。

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ JAIPA Cloud Conference 2017”. JAIPA. 2017年8月30日閲覧。
  2. ^ 「映像配信から3Dプリンターまで。DMMが目指すものとは」Bizコンパス2015.03.10
  3. ^ 「アダルトビデオで儲かるのは「販売」ではない」東洋経済オンライン2015年05月05日

外部リンク[編集]