中之郷駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中之郷駅
駅舎(2009年9月21日)
駅舎(2009年9月21日)
なかのごう - Nakanogo
(鳥羽水族館前)
M78 鳥羽 (1.0km)
(1.3km) 志摩赤崎 M80
所在地 三重県鳥羽市鳥羽三丁目1484-107
駅番号  M79 
所属事業者 近畿日本鉄道(近鉄)
所属路線 M 志摩線
キロ程 1.0km(鳥羽起点)
伊勢中川から42.5km
電報略号 ナカコ
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
154人/日(降車客含まず)
-2013年-
開業年月日 1929年昭和4年)7月23日
備考 無人駅(乗車駅証明書発行機 有)
テンプレートを表示

中之郷駅(なかのごうえき)は、三重県鳥羽市鳥羽三丁目にある、近畿日本鉄道(近鉄)志摩線である。「鳥羽水族館前」の副名称がある。

歴史[編集]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を持つ地上駅橋上駅舎を有する。鳥羽方は複線、賢島方は単線の行き違い駅。ホームと駅舎を結ぶ階段はホーム賢島寄りにある。出入口は東西双方にある。エレベーターは以前から設置されていないほか、エスカレーターは無人化に伴い安全確保のために使用を取りやめたため、車椅子での利用の場合はスロープでの対応となる。

近くに鳥羽水族館伊勢湾フェリー乗り場(鳥羽港)があるため、志摩線の特急通過駅では珍しく終日駅員が配置されていたが、2011年11月1日に無人化された。2007年平成19年)4月1日からPiTaPaおよびICOCAが利用できるようになった。導入から長らく志摩線内の特急通過駅で唯一の導入駅であったが、2014年4月より志摩赤崎駅でも導入された事から、唯一ではなくなっている。当初は簡易改札機が設置されず、PiTaPa、ICOCAの入出場は改札窓口で対応していたが、2011年頃より簡易改札機が設置された。設置場所は当初は橋上駅舎の旧改札口だったが、2015年7月14日に両ホームのスロープ脇に移設された。なお、ICカードチャージ機(入金機)等の設備はないので、当駅でICOCAを使用して下車する場合は残高不足に注意が必要である。また、自動券売機が設置されていたが無人化の際に撤去され、代わりに乗車駅証明書発行機が設置された。

鳥羽駅が駅を管理している。

のりば[編集]

のりば 路線 方向 行先
1 M 志摩線 下り 志摩磯部鵜方賢島方面
2 M 志摩線 上り 鳥羽大阪名古屋方面

当駅乗降人員[編集]

近年における当駅の1日乗降人員の調査結果は以下の通り[4]

  • 2015年11月10日:328人
  • 2012年11月13日:245人
  • 2010年11月9日:651人
  • 2008年11月18日:389人
  • 2005年11月8日:410人

利用状況[編集]

「三重県統計書」によると、1日の平均乗車人員は以下の通りである。

年度 一日平均
乗車人員
1997年 408
1998年 393
1999年 352
2000年 336
2001年 330
2002年 311
2003年 280
2004年 256
2005年 242
2006年 236
2007年 244
2008年 248
2009年 221
2010年 216
2011年 180
2012年 146
2013年 154

中之郷駅の利用状況の変遷を下表に示す。

  • 輸送実績(乗車人員)の単位は人であり、年度での総計値を示す。年度間の比較に適したデータである。
  • 乗降人員調査結果は任意の1日における値(単位:人)である。調査日の天候・行事等の要因によって変動が大きいので年度間の比較には注意を要する。
年度別利用状況(中之郷駅)
年度 当駅分輸送実績(乗車人員):人/年度 乗降人員調査結果<人/日 特記事項
通勤定期 通学定期 定期外 合 計 調査日 調査結果
1958年(昭和33年) 129,840 ←←←← 152,981 282,821      
1959年(昭和34年)   ←←←←          
1960年(昭和35年)   ←←←←          
1961年(昭和36年)   ←←←←          
1962年(昭和37年)   ←←←←          
1963年(昭和38年)   ←←←←          
1964年(昭和39年)   ←←←←          
1965年(昭和40年) 199,720 ←←←← 126,626 328,346      
1966年(昭和41年) 192,000 ←←←← 133,948 325,948      
1967年(昭和42年) 169,980 ←←←← 138,001 307,981      
1968年(昭和43年) 151,770 ←←←← 132,051 283,821      
1969年(昭和44年) 124,320 ←←←← 116,619 240,939     改良工事のため営業休止(バス代行)
1970年(昭和45年) 112,020 ←←←← 117,260 229,280     標準軌化し営業再開
1971年(昭和46年) 150,630 ←←←← 101,942 252,572      
1972年(昭和47年) 158,490 ←←←← 104,098 262,588      
1973年(昭和48年) 160,260 ←←←← 107,685 267,945      
1974年(昭和49年) 170,970 ←←←← 94,703 265,673      
1975年(昭和50年) 165,570 ←←←← 82,850 248,420      
1976年(昭和51年) 162,480 ←←←← 74,042 236,522      
1977年(昭和52年) 150,780 ←←←← 77,360 228,140      
1978年(昭和53年) 150,660 ←←←← 75,900 226,560      
1979年(昭和54年) 136,080 ←←←← 68,891 204,971      
1980年(昭和55年) 137,160 ←←←← 66,787 203,947      
1981年(昭和56年) 134,370 ←←←← 59,685 194,055      
1982年(昭和57年) 126,420 ←←←← 60,561 186,981 11月16日 869  
1983年(昭和58年) 122,520 ←←←← 60,420 182,940 11月8日 899  
1984年(昭和59年) 118,500 ←←←← 58,217 176,717 11月6日 795  
1985年(昭和60年) 119,760 ←←←← 54,807 174,567 11月12日 887  
1986年(昭和61年) 114,300 ←←←← 54,091 168,391 11月11日 821  
1987年(昭和62年) 99,000 ←←←← 50,026 149,026 11月10日 722  
1988年(昭和63年) 91,920 ←←←← 48,186 140,106 11月8日 624  
1989年(平成元年) 88,560 ←←←← 43,372 131,932 11月14日 629  
1990年(平成2年) 82,020 ←←←← 44,052 126,072 11月6日 575  
1991年(平成3年) 85,650 ←←←← 43,652 129,302      
1992年(平成4年) 86,670 ←←←← 42,073 128,743 11月10日 626  
1993年(平成5年) 85,110 ←←←← 46,158 131,268      
1994年(平成6年) 93,060 ←←←← 74,827 167,887      
1995年(平成7年) 95,340 ←←←← 69,836 165,176 12月5日 772  
1996年(平成8年) 92,970 ←←←← 68,980 161,950      
1997年(平成9年) 82,920 ←←←← 66,010 148,930      
1998年(平成10年) 81,030 ←←←← 62,275 143,305      
1999年(平成11年) 72,420 ←←←← 56,487 128,907      
2000年(平成12年) 69,600 ←←←← 52,887 122,487      
2001年(平成13年) 70,290 ←←←← 50,057 120,347      
2002年(平成14年) 64,110 ←←←← 49,244 113,354      
2003年(平成15年) 56,040 ←←←← 46,558 102,598      
2004年(平成16年) 51,240 ←←←← 42,294 93,534      
2005年(平成17年) 48,030 ←←←← 40,359 88,389 11月8日 410  
2006年(平成18年) 46,530 ←←←← 39,609 86,139      
2007年(平成19年) 50,730 ←←←← 38,585 89,315      
2008年(平成20年)   ←←←←     11月8日 389  
2009年(平成21年)   ←←←←          
2010年(平成22年)   ←←←←          
2011年(平成23年)   ←←←←          
2012年(平成24年)   ←←←←          
2013年(平成25年)   ←←←←          
2014年(平成26年)   ←←←←          
2015年(平成27年)   ←←←←          

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

鳥羽水族館前停留所
  • かもめバス(鳥羽市営バス)
    • 1系統 安楽島
    • 1系統 鳥羽バスセンター
    • 1系統 小浜(鳥羽バスセンター経由)
    • 2系統 鳥羽小涌園(かんぽの宿鳥羽経由)
    • 2系統 かんぽの宿鳥羽
    • 4系統 石鏡港
    • 4系統 畔蛸口(石鏡港経由)
    • 4系統 鳥羽小学校(鳥羽バスセンター経由)
    • 4系統 鳥羽バスセンター
    • 5系統 国崎
    • 5系統 鳥羽展望台(国崎経由)
    • 5系統 鳥羽バスセンター
  • 三重交通志摩営業所

隣の駅[編集]

近畿日本鉄道
M 志摩線
鳥羽駅 (M78) - 中之郷駅 (M79) - 志摩赤崎駅 (M80)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 曽根悟(監修) 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 大手私鉄』2号 近畿日本鉄道 1、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2010年8月22日、18-23頁。ISBN 978-4-02-340132-7
  2. ^ 近畿日本鉄道株式会社 『近畿日本鉄道 100年のあゆみ』 近畿日本鉄道、2010年12月、354-356頁。全国書誌番号:21906373
  3. ^ “平成19年4月1日から、近鉄主要路線でICカードの利用が可能になります” (pdf) (プレスリリース), 近畿日本鉄道, (2007年1月30日), http://www.kintetsu.jp/news/files/iccard20070130.pdf 2016年3月13日閲覧。 
  4. ^ 駅別乗降人員 志摩線 - 近畿日本鉄道

関連項目[編集]

外部リンク[編集]