朝熊駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
朝熊駅
高架下の出入口
高架下の出入口
あさま - Asama
M75 五十鈴川 (3.0km)
(5.7km) 池の浦 M77
所在地 三重県伊勢市朝熊町小坊山1486
駅番号  M76 
所属事業者 近畿日本鉄道(近鉄)
所属路線 M 鳥羽線
キロ程 4.9km(宇治山田起点)
伊勢中川から33.2km
電報略号 アサマ
駅構造 高架駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
131人/日(降車客含まず)
-2013年-
開業年月日 1970年昭和45年)3月1日
備考 無人駅(乗車駅証明書発行機 有)
テンプレートを表示
ホーム

朝熊駅(あさまえき)は、三重県伊勢市朝熊町小坊山にある、近畿日本鉄道(近鉄)鳥羽線である。

歴史[編集]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を持つ高架駅。ホーム有効長は6両。鳥羽駅管理の無人駅で、駅舎等は設けられておらず、直接ホーム鳥羽寄りに繋がる階段を上ってホームに入る形になる。

無人駅のため、ワンマン運転の普通電車ではドアカットによる降車時集札が実施され、乗車位置も1ヶ所に限定されていたが、2015年11月から全扉を開閉するようになった。なお、自動券売機未設置のため、乗車時にはホーム備え付けの乗車駅証明書発行機から証明書を取り、ワンマン列車の場合は降車時に車内の運賃箱(有人駅の場合は駅窓口)で運賃を支払い、それ以外の列車の場合は車掌に証明書を見せて乗車券を購入することになる。PiTaPaは高架下にある簡易改札機による対応。

のりば[編集]

のりば 路線 方向 行先
1 M 鳥羽線 下り 鳥羽鵜方賢島方面
2 M 鳥羽線 上り 宇治山田名古屋大阪京都方面

京都方面は最低1回乗り継ぎが必要である。また、日中は普通列車しか停車しないため白塚 - 賢島以外の駅へ行くには最低1回乗り継ぎが必要である。2016年3月19日現在、鳥羽駅への急行は平日休日共に6本。名古屋方面への急行は平日5本と休日4本。大阪方面への急行は平日休日共に1本のみが運転されている[4]

利用状況[編集]

「三重県統計書」によると、1日の平均乗車人員は以下の通りである。

年度 一日平均
乗車人員
1997年 184
1998年 153
1999年 133
2000年 137
2001年 135
2002年 159
2003年 159
2004年 152
2005年 145
2006年 143
2007年 138
2008年 141
2009年 128
2010年 116
2011年 124
2012年 123
2013年 131

朝熊駅の利用状況の変遷を下表に示す。

  • 輸送実績(乗車人員)の単位は人であり、年度での総計値を示す。年度間の比較に適したデータである。
  • 乗降人員調査結果は任意の1日における値(単位:人)である。調査日の天候・行事等の要因によって変動が大きいので年度間の比較には注意を要する。
    • 2008年11月18日の調査結果によると、1日の利用客は205人(前回2005年11月8日の調査では284人)。この数字は…
      • 近鉄の全調査対象駅(287駅)中、268位。
      • 山田線・鳥羽線・志摩線の駅(33駅、他線接続駅含む)の中では、25位。
      • 三重県内の近鉄の駅(116駅)の中では、94位。
  • 表中、最高値を赤色で、最高値を記録した年度以降の最低値を青色で、最高値を記録した年度以前の最低値を緑色で表記している。
年度別利用状況(朝熊駅)
年 度 当駅分輸送実績(乗車人員):人/年度 乗降人員調査結果:人/日 特記事項
通勤定期 通学定期 定期外 合 計 調査日 調査結果
1969年(昭和44年) 9,420 ←←←← 7,444 16,864     開業
1970年(昭和45年) 79,260 ←←←← 74,012 153,272      
1971年(昭和46年) 84,870 ←←←← 74,705 159,575      
1972年(昭和47年) 99,600 ←←←← 78,032 177,632      
1973年(昭和48年) 92,910 ←←←← 81,444 174,354      
1974年(昭和49年) 105,150 ←←←← 82,741 187,891      
1975年(昭和50年) 102,330 ←←←← 78,950 181,280      
1976年(昭和51年) 94,500 ←←←← 79,298 173,798      
1977年(昭和52年) 86,670 ←←←← 74,631 161,301      
1978年(昭和53年) 83,310 ←←←← 75,791 159,101      
1979年(昭和54年) 76,170 ←←←← 71,144 147,314      
1980年(昭和55年) 73,290 ←←←← 69,493 142,783      
1981年(昭和56年) 74,460 ←←←← 66,068 140,528      
1982年(昭和57年) 72,060 ←←←← 62,890 134,950 11月16日 654  
1983年(昭和58年) 66,930 ←←←← 60,390 127,320 11月8日 626  
1984年(昭和59年) 61,200 ←←←← 59,011 120,211 11月6日 548  
1985年(昭和60年) 60,750 ←←←← 57,053 117,803 11月12日 546  
1986年(昭和61年) 61,620 ←←←← 58,339 119,959 11月11日 597
1987年(昭和62年) 61,710 ←←←← 54,701 116,411 11月10日 574  
1988年(昭和63年) 63,150 ←←←← 50,336 113,486 11月8日 518  
1989年(平成元年) 60,240 ←←←← 48,201 108,441 11月14日 509  
1990年(平成2年) 58,950 ←←←← 44,858 103,808 11月6日 505  
1991年(平成3年) 54,390 ←←←← 44,238 98,628      
1992年(平成4年) 54,600 ←←←← 46,711 101,311 11月10日 490  
1993年(平成5年) 53,460 ←←←← 44,962 98,422      
1994年(平成6年) 51,390 ←←←← 44,549 65,939      
1995年(平成7年) 45,810 ←←←← 38,992 84,802 12月5日 457  
1996年(平成8年) 43,110 ←←←← 39,776 82,886      
1997年(平成9年) 35,100 ←←←← 32,124 67,224      
1998年(平成10年) 30,870 ←←←← 24,978 55,848      
1999年(平成11年) 25,080 ←←←← 23,736 48,816      
2000年(平成12年) 26,520 ←←←← 23,417 49,937      
2001年(平成13年) 27,150 ←←←← 22,243 49,393      
2002年(平成14年) 26,730 ←←←← 31,376 58,106      
2003年(平成15年) 27,990 ←←←← 30,357 58,347      
2004年(平成16年) 27,360 ←←←← 28,256 55,616      
2005年(平成17年) 27,210 ←←←← 25,560 52,770 11月8日 284  
2006年(平成18年) 27,900 ←←←← 24,461 52,361      
2007年(平成19年) 26,130 ←←←← 24,519 50,649      
2008年(平成20年)   ←←←←     11月18日 205  
2009年(平成21年)   ←←←←          
2010年(平成22年)   ←←←←          
2011年(平成23年)   ←←←←          
2012年(平成24年)   ←←←←          
2013年(平成25年)   ←←←←          
2014年(平成26年)   ←←←←          

駅周辺[編集]

隣の駅[編集]

近畿日本鉄道
M 鳥羽線
急行・普通
五十鈴川駅 (M75) - 朝熊駅 (M76) - 池の浦駅 (M77)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 曽根悟(監修) 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 大手私鉄』2号 近畿日本鉄道 1、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2010年8月22日、22-23頁。ISBN 978-4-02-340132-7
  2. ^ a b 近畿日本鉄道株式会社 『近畿日本鉄道 100年のあゆみ』 近畿日本鉄道、2010年12月、676-677頁。全国書誌番号:21906373
  3. ^ “平成19年4月1日から、近鉄主要路線でICカードの利用が可能になります” (pdf) (プレスリリース), 近畿日本鉄道, (2007年1月30日), http://www.kintetsu.jp/news/files/iccard20070130.pdf 2016年3月13日閲覧。 
  4. ^ 近鉄時刻表2016年3月19日ダイヤ変更号、p.146 - p.153・p.158 - p.180・p.304 - p.311・p.316 - p.338

関連項目[編集]

外部リンク[編集]