小俣駅 (三重県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小俣駅
ホームと駅舎(2008年7月10日)
ホームと駅舎(2008年7月10日)
おばた
Obata
M70 明野 (1.8km)
(2.1km) 宮町 M72
所在地 三重県伊勢市小俣町元町8254-5
駅番号  M71 
所属事業者 近畿日本鉄道(近鉄)
所属路線 M 山田線
キロ程 24.2km(伊勢中川起点)
電報略号 オハタ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
266人/日(降車客含まず)
-2013年-
開業年月日 1931年昭和6年)7月4日
備考 無人駅(乗車駅証明書発行機 有)
テンプレートを表示

小俣駅(おばたえき)は、三重県伊勢市小俣町元町にある、近畿日本鉄道(近鉄)山田線である。駅番号はM71

歴史[編集]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を持つ地上駅。駅入口は両ホーム宇治山田寄りにあり、駅舎は1番ホーム入口にある。構内踏切等はなく、互いのホームを往復する場合は駅東側の踏切を利用する。ホーム有効長は4両。

宇治山田駅管理の無人駅である。そのためワンマン運転の普通電車ではドアカットによる降車時集札が実施され、乗車位置も1ヶ所に限定されていたが、2015年11月から全扉を開閉するようになった。なお、自動券売機未設置のため、乗車時(PiTaPaや定期乗車券を使用しない場合)にはホーム備え付けの乗車駅証明書発行機から乗車駅証明書を取り、ワンマン列車の場合は降車時に車内の運賃箱(有人駅の場合は駅窓口)で運賃を支払い、それ以外の列車の場合は車掌に証明書を見せて乗車券を購入することになる。

便所は設置されていない。2005年2月21日の終日無人駅化に伴い、改札内にあった男女別の水洗式便所が閉鎖され、その後撤去されて跡形もなくなった。

のりば[編集]

のりば 路線 方向 行先
1 M 山田線 下り 宇治山田鳥羽賢島方面
2 M 山田線 上り 名古屋大阪京都方面[4]

当駅乗降人員[編集]

近年における当駅の1日乗降人員の調査結果は以下の通り[5]

  • 2015年11月10日:665人
  • 2012年11月13日:720人
  • 2010年11月9日:660人
  • 2008年11月18日:679人
  • 2005年11月8日:780人

利用状況[編集]

「三重県統計書」によると、1日の平均乗車人員は以下の通りである。

年度 一日平均
乗車人員
1997年 390
1998年 351
1999年 362
2000年 337
2001年 337
2002年 341
2003年 326
2004年 283
2005年 245
2006年 240
2007年 239
2008年 238
2009年 230
2010年 238
2011年 255
2012年 257
2013年 266

小俣駅の利用状況の変遷を下表に示す。

  • 輸送実績(乗車人員)の単位は人であり、年度での総計値を示す。年度間の比較に適したデータである。
  • 乗降人員調査結果は任意の1日における値(単位:人)である。調査日の天候・行事等の要因によって変動が大きいので年度間の比較には注意を要する。
  • 表中、最高値を赤色で、最高値を記録した年度以降の最低値を青色で、最高値を記録した年度以前の最低値を緑色で表記している。
年度別利用状況(小俣駅)
年 度 当駅分輸送実績(乗車人員):人/年度 乗降人員調査結果:人/日 特記事項
通勤定期 通学定期 定期外 合 計 調査日 調査結果
1950年(昭和25年) 150,000 ←←←← 160,011 310,011      
1951年(昭和26年) 165,120 ←←←← 167,636 332,756      
1952年(昭和27年) 102,840 ←←←← 103,661 206,501      
1953年(昭和28年) 68,850 ←←←← 93,940 162,790      
1954年(昭和29年) 89,400 ←←←← 166,928 256,328      
1955年(昭和30年) 77,490 ←←←← 140,341 217,831      
1956年(昭和31年) 81,000 ←←←← 132,328 213,328      
1957年(昭和32年) 74,460 ←←←← 115,573 190,033      
1958年(昭和33年) 76,680 ←←←← 109,342 186,022      
1959年(昭和34年) 71,370 ←←←← 107,027 178,397      
1960年(昭和35年) 77,700 ←←←← 104,392 182,092      
1961年(昭和36年) 136,020 ←←←← 127,297 263,317      
1962年(昭和37年) 119,640 ←←←← 109,997 229,637      
1963年(昭和38年) 121,020 ←←←← 89,853 210,873      
1964年(昭和39年) 127,110 ←←←← 81,314 208,424      
1965年(昭和40年) 133,200 ←←←← 80,510 213,710      
1966年(昭和41年) 133,470 ←←←← 73,439 206,909      
1967年(昭和42年) 132,240 ←←←← 98,272 230,512      
1968年(昭和43年) 129,390 ←←←← 76,540 205,930      
1969年(昭和44年) 121,980 ←←←← 76,800 198,780      
1970年(昭和45年) 101,640 ←←←← 75,242 176,882      
1971年(昭和46年) 90,870 ←←←← 69,690 160,560      
1972年(昭和47年) 88,800 ←←←← 64,404 153,204      
1973年(昭和48年) 86,220 ←←←← 58,082 144,302      
1974年(昭和49年) 105,330 ←←←← 62,562 167,892      
1975年(昭和50年) 102,090 ←←←← 60,707 162,797      
1976年(昭和51年) 101,880 ←←←← 54,883 156,763      
1977年(昭和52年) 89,790 ←←←← 59,637 149,427      
1978年(昭和53年) 88,080 ←←←← 61,407 149,487      
1979年(昭和54年) 94,110 ←←←← 61,505 155,615      
1980年(昭和55年) 97,470 ←←←← 59,645 157,115      
1981年(昭和56年) 92,010 ←←←← 56,213 148,223      
1982年(昭和57年) 87,360 ←←←← 51,860 139,220 11月16日 970  
1983年(昭和58年) 86,400 ←←←← 48,825 135,225 11月8日 1,084  
1984年(昭和59年) 83,190 ←←←← 46,400 129,590 11月6日 989  
1985年(昭和60年) 87,360 ←←←← 46,420 133,780 11月12日 1,016  
1986年(昭和61年) 97,170 ←←←← 48,203 145,373 11月11日 1,091  
1987年(昭和62年) 101,760 ←←←← 46,446 148,206 11月10日 1,134  
1988年(昭和63年) 101,640 ←←←← 43,434 145,074 11月8日 1,202  
1989年(平成元年) 101,250 ←←←← 42,162 143,412 11月14日 1,204  
1990年(平成2年) 96,210 ←←←← 42,975 139,185 11月6日 1,116  
1991年(平成3年) 98,970 ←←←← 43,416 142,386      
1992年(平成4年) 98,280 ←←←← 42,726 141,006 11月10日 1,084  
1993年(平成5年) 93,930 ←←←← 42,076 136,006      
1994年(平成6年) 96,960 ←←←← 42,143 139,103      
1995年(平成7年) 95,580 ←←←← 42,364 137,944 12月5日 1,022  
1996年(平成8年) 103,050 ←←←← 44,390 147,440      
1997年(平成9年) 100,500 ←←←← 41,879 142,379      
1998年(平成10年) 96,240 ←←←← 32,003 128,243      
1999年(平成11年) 100,740 ←←←← 31,916 132,656      
2000年(平成12年) 91,470 ←←←← 31,544 123,014      
2001年(平成13年) 91,680 ←←←← 31,359 123,039      
2002年(平成14年) 93,330 ←←←← 31,133 124,463      
2003年(平成15年) 90,690 ←←←← 28,724 119,414      
2004年(平成16年) 83,550 ←←←← 19,652 103,202      
2005年(平成17年) 79,410 ←←←← 9,919 89,329 11月8日 780  
2006年(平成18年) 77,640 ←←←← 9,918 87,558      
2007年(平成19年) 78,060 ←←←← 9,496 87,556      
2008年(平成20年)   ←←←←     11月18日 679  
2009年(平成21年)   ←←←←          
2010年(平成22年)   ←←←←          
2011年(平成23年)   ←←←←          
2012年(平成24年)   ←←←←          
2013年(平成25年)   ←←←←          
2014年(平成26年)   ←←←←          

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

三交伊勢志摩交通バス(下小俣停留所)
伊勢市コミュニティバス「おかげバス」
  • 東大淀・日赤ルート「下小俣公民館」停留所から約300メートル
  • 湯田・新村・元町ルート「近鉄小俣駅口」(左回り2便・右回り3便の運行)

隣の駅[編集]

近畿日本鉄道
M 山田線
快速急行・急行
通過
普通
明野駅 (M70) - 小俣駅 (M71) - 宮町駅 (M72)
  • 括弧内は駅番号を示す。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 曽根悟(監修) 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 大手私鉄』2号 近畿日本鉄道 1、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2010年8月22日、18-23頁。ISBN 978-4-02-340132-7
  2. ^ 近畿日本鉄道株式会社 『近畿日本鉄道 100年のあゆみ』 近畿日本鉄道、2010年12月、156頁。全国書誌番号:21906373
  3. ^ “平成19年4月1日から、近鉄主要路線でICカードの利用が可能になります” (pdf) (プレスリリース), 近畿日本鉄道, (2007年1月30日), http://www.kintetsu.jp/news/files/iccard20070130.pdf 2016年3月13日閲覧。 
  4. ^ 但し、殆どは伊勢中川または名古屋線白塚までの運転)である。
  5. ^ 駅別乗降人員 山田線 - 近畿日本鉄道

関連項目[編集]

外部リンク[編集]