ルシアン・ヒルの上で

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ルシアン・ヒルの上で
RED WARRIORSシングル
リリース
規格 12cmCDシングル
ジャンル ロック
時間
レーベル 日本コロムビア
作詞・作曲 木暮武彦
プロデュース 木暮武彦、宗清裕之
チャート最高順位
RED WARRIORS シングル 年表
バラとワイン
1987年
ルシアン・ヒルの上で
(1987年)
ROYAL STRAIGHT FLUSH R & R
1988年
テンプレートを表示

ルシアン・ヒルの上で」は、RED WARRIORS1987年に発表したシングル。

解説[編集]

前シングル「バラとワイン」と同様、3曲入りマキシ・シングルというフォーマットで発表された。タイトル曲と「ROLLING DOWN THE STREET」は、オリジナル・アルバム未収録。

「ルシアン・ヒルの上で」は、木暮武彦ママス&パパスホリーズを意識して作った曲[2]。後に、RED WARRIORS『Re:Works』(2001年)やダイアモンド☆ユカイ『I AM A ROCKMAN』(2009年)でセルフ・カヴァーされた。

収録曲[編集]

  1. ルシアン・ヒルの上で - 4分47秒
    作詞・作曲:木暮武彦
  2. ROLLING DOWN THE STREET - 5分11秒
    作詞:ダイアモンド☆ユカイ&木暮武彦、作曲:木暮武彦
  3. WILD AND VAIN - 6分21秒
    作詞:ダイアモンド☆ユカイ、作曲:木暮武彦

カヴァー[編集]

  • 1995年、HOUND DOG & 極楽オールスターズのアルバム『PARADISE LUNCH』6曲目に「ルシアン・ヒルの上で」のカヴァーが収録されている。イントロのフレーズはギターではなくキーボードで、全編にキーボード(オルガン・ピアノなど)が加わっているのが特徴的である。
  • 1999年、GLAY日本武道館で行ったアコースティック・ライヴで「ルシアン・ヒルの上で」がカヴァーされた。この時の模様は、2004年リリースのDVD『GLAY Acoustic Live in 日本武道館 produced by JIRO』に収録されている。

脚注[編集]

  1. ^ 『オリコンチャート・ブック:1968-1997』(オリコン/1997年/ISBN 4-87131-041-8)p.381
  2. ^ RED WARRIORS『RE:WORKS』(TKCA-72208)CDライナーノーツ