リベラル・アーツ・カレッジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

リベラル・アーツ・カレッジ(  - 、英称Liberal arts college、LAC)は、アメリカ合衆国において人文科学自然科学社会科学及び学際分野に渡る学術の基礎的な教育研究を行う四年制大学(主に学士課程)。全寮制少人数教育を特徴とする。ほとんどの場合、大学院を持たず、教授学部学生の教育に専念する。本稿では、アメリカ合衆国の事例を主として扱う。

リベラル・アーツ・カレッジの特色[編集]

アメリカの大学ランキング[1]では、大学院を持つ大きな総合大学(University)とリベラル・アーツ・カレッジとに分けられている。総合大学に対して、リベラル・アーツ・カレッジでは、少人数体制による教育が行われる。自治体の予算上の制約があることの多い州立大学や、研究中心の総合大学では、学部学生に対する教育がやや軽視される傾向がある。州立大学では大学院生のティーチングアシスタント(日本ではTAと略されることも多い)などが授業をしたり、一度に大人数の学生を相手にするマスプロ的な講義が多くなる傾向がある。それに対して、リベラル・アーツ・カレッジでは、教授が直接少人数の学部学生を教育する。教員と学生とのつながりが非常に強い。また少人数であるために学生同士の絆も強い。理工系を志す学生には学部学生のための研究プロジェクトに参加する機会も多い。一流のリベラル・アーツ・カレッジ卒業生は、その後、研究総合大学の大学院専門職大学院、またはメディカル・スクールや、ロー・スクールへ進学することが多い。

リベラル・アーツ・カレッジは、その多くが学生数が1,000人から2,000人程度の小規模な私立大学である。(ハーバード大学の学部生数は6,500人程度)。学生1人あたりに掛かる教育経費が高いため、総じて学費は高いが、一流のリベラル・アーツ・カレッジでは、卒業生の寄付や各種財団やNIH、NSFからの資金を有し、恵まれた研究教育環境を持つ。学費や寮費に関しては、学生の親や本人の資産や収入を考慮した上で、奨学金が給付される。ほとんどのリベラル・アーツ・カレッジでは、学士課程教育のみを行い、大学院を持たない。学生たちは、自然科学社会科学人文科学にわたる諸分野のなかから様々な授業を履修し、通常、2年目の終わる前に学位を取得するための専攻を選択する。実験や実習を伴う授業も多く、美術や音楽の本格的な実技が開講される大学も少なくない。実験や実習を要さない授業の場合は、多くの文献を短期間に読みこなし、それを元に少人数でプレゼンテーションや議論やリサーチペーパーを書くといった流れが主となる。

リベラル・アーツ・カレッジの中には女子大学もあり、ヒラリー・クリントンが卒業したウェルズリー大学スミス大学マウント・ホリヨーク大学などがある。

リベラル・アーツ・カレッジの学生の様子[編集]

リベラル・アーツ・カレッジは主に人口数千人から数万人の地方都市にあることが多い。また全寮制の場合も多い。毎日の学生生活のほとんど全てがキャンパス内で完結する。

リベラル・アーツ・カレッジには、少人数制ゆえに学生に対する面倒見がよい、都会的な刺激が少ないため勉強に集中できる、などのメリットがある。また、様々な専攻・副専攻を履修することが可能なため、学生自身が自らの進路を考える機会を提供するという機能も果している。

学生の親にとっても、都会より治安もよく、一日三食の食事が出され、看護師や警備員が在中している寮に生活するリベラル・アーツ・カレッジは、安心して子どもを任せられるとの評判がある。特に上流階級、アッパーミドル階級(一般に世帯年収10万ドル以上)の親は、子どもが自らの将来をゆっくり考えるために大自然の中で勉学に励むことが、社会へ出るための大切な訓練であるとして高く評価している人々が多い。名門リベラル・アーツ・カレッジでは同窓生のネットワークが発達しており、大学院修了後の就職活動や社会人になってからのビジネス・ネットワークに好影響を与える。

このように、リベラル・アーツ・カレッジはアメリカにおける上流階級やアッパーミドル階級の価値観を大きく反映しており、実際に上流階級やアッパーミドルクラス出身の学生が多い。多くの大学は、広報活動や奨学金制度などを通じて、人種的マイノリティーを含む社会・経済的弱者層に属する学生の受け入れにも熱心である。奨学金を得ている学生が半数を超える学校も多い。

リベラル・アーツ・カレッジの歴史[編集]

もともと教会から発展したものが多く、エリート養成機関としての役割を担ってきた。

イギリス植民地時代(17世紀~)

アメリカ独立後

  • もともと独立前の植民地政府から税金を交付されていたが、州立大学の設立とともにその関係は薄れていく。

19世紀後半から20世紀前半

  • アメリカの技術産業の高まりとともに農業試験場や師範学校、工業技術学校や職業学校などが次々に州立大学になったり、あたらしく設立された。

20世紀後半

  • スプートニクショックによって大学院が増設され次第に大学院中心の研究型総合大学が増えていく。多くの大学院中心の大学が台頭する中で、リベラル・アーツ大学の女子大学は女性の社会進出と共学志向から競争力を失っていたが、人種による区別をなくし、学部中心の教育に励むことで多くの学生を大学院に進学させるなどの取り組みが功を奏し、再び競争力を取り戻している。しかし時代の流れにあわせて共学化を果たした女子大学も多い。
  • 共学の大学でも、専攻の少なさや施設の未整備な部分を補うために周りの大学と協定を結んだり、単位互換などの取り組みやメディカルスクール進学課程や第二学士、副専攻などの取り組みを行っている。
  • 現在ではお金持ちの子息のみでは無く、アッパーミドル階級の子息の進学先として定着している。

戦後の日本における一般教育および教養課程や、一部の大学に存在する教養学部、また近年相次いで設立されている類似の諸学部は、こうしたアメリカのリベラル・アーツ・カレッジの教育に範を取っているが、現状は一部を除くと非常に異なっている。

著名なリベラル・アーツ・カレッジ出身者[編集]

名門リベラルアーツ・カレッジ[編集]

リトル・スリー校 (アルファベット順)

リトル・アイビー校 (アルファベット順)

・その他知名校

日本における事例[編集]

日本では、国際基督教大学などごく一部の大学でアメリカのようなリベラル・アーツ教育を行っている。また主に教養学部がこの事例を担おうとしているが、アメリカのような少人数教育ではなく、学生あたりの教官数が非常に少ないのが現状である。詳細は教養学部及びリベラル・アーツ教育を行う大学を参照されたい。

参考文献[編集]

  • デイヴィッド・W. ブレネマン/宮田敏近『リベラルアーツ・カレッジ 繁栄か, 生き残りか, 危機か』玉川大学出版部1996年 ISBN 4-472-10771-6
  • 宮田敏近『アメリカのリベラルアーツ・カレッジ 伝統の小規模教養大学事情』玉川大学出版部1991年 ISBN 4-472-09291-3

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]