クレアモント・カレッジズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Claremont Colleges Consortium

クレアモント・カレッジズ(Claremont Colleges)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州クレアモントにある5校の大学と2校の大学院大学からなるコンソーシアムである。マサチューセッツ州のFive College Consortiumやペンシルバニア州のTri-College Consortiumなどといった多くの大学コンソーシアムとは異なり、クレアモント・カレッジズのキャンパスはそれぞれが歩いて行ける距離内に隣接している[1]。全てのキャンパスを合わせると2.6km2程の面積になる。

クレアモント・カレッジズの創設は1925年にポモナ・カレッジ(1887年創設)に隣接してクレアモント大学院大学英語版が設置されたことにより始まる。クレアモント大学院大学はマネジメントの父ピーター・ドラッガーが長きに渡り教鞭を取っていた大学院である。特化性・柔軟性・各学生への配慮などといった小規模大学の利点と大規模大学の機能性を併せ持つことがコンソーシアムの目的とされている[2]。また、区分化されたカレッジ制大学のデザインはオックスフォード大学の影響である。合計6,300人以上の学生、約700人の教員、約1600人の従業員、サポート職員を抱え、クレアモント・カレッジズでは2000以上の課程が提供されている[3]。この独特なコンソーシアムをフィスク・ガイドは「アメリカでは他に例を見ない知的資源の集積」と評している[4]

クレアモント・カレッジズ構成大学[編集]

◆5校の大学は全てがリベラルアーツ・カレッジである。

これら5つの大学は主に「5Cs」と呼ばれており、他の2つの大学院大学を含める時は「7Cs」と呼称され、それぞれの大学に異なる文化や特色がある。たとえばポモナ大学が「Learn for the sake of Learning(学びのための学び)」とリベラルアーツの神髄を追求するのに対し、クレアモント・マッケナ大学は「Learn for the sake of Doing(実践のための学び)」と実学に重きを置き、ワシントンDCの政府機関やシリコンバレーTech企業等でのインターンシップや産学共同プログラムが充実している。ハーベイ・マッド大学はSTEMに特化した理系大学であり、世界中から優秀な頭脳を獲得している。これらコンソーシアム内では大学間の横の交流が盛んであり、他のカレッジの授業を受けることやメジャーを取ることも可能である。

2008年中頃、クレアモント・カレッジズはシンガポール国立大学と協調して6つ目のクレアモント・カレッジをシンガポールに設立する計画を調整し始めていたが、2009年10月にはシンガポール教育省が財政支援案を撤回した[5]。もし実現すればリベラル・アーツ・カレッジとしては類を見ないパートナーシップとなった。

◆2校の大学院大学


ランキング[編集]

Forbes Top25 Liberal Arts Colleges in the U.S. (2017年版)では5Csは以下のようにランクされた。

ポモナ大学1位、クレアモント・マッケナ大学2位、ハーベイ・マッド大学5位、スクリプス大学16位[6]

Times Higher Education Best Liberal Arts Colleges in the United States(2017年版)ではポモナ大学3位、クレアモント・マッケナ大学8位[7]

Acceptance Rate[編集]

Acceptance Rate(合格率)は2016年実績でポモナ大学、クレアモント・マッケナ大学ともに9%だった[8]。リベラルアーツ・カレッジで1ケタ台であるのは現在、米国ではこの2校のみである。 東海岸のリベラルアーツの雄ウィリアムズ大学(同18%)やアマースト大学(同14%)よりも低く、アイビーリーグスタンフォード大に次ぐ合格率の低さである。 1学年あたりの人数が少ないこと(ポモナ大、クレアモント・マッケナ大ともに350名弱)、またカリフォルニアという抜群の気候の良さも手伝い、全米最難関な少数精鋭カレッジ・コンソーシアムである。

共有施設[編集]

Harvey Mudd College

共有施設にはクレアモント・カレッジズ図書館、Tranquada学生サービスセンター、McAlisterセンター、Huntley書店、食堂、スポーツ施設などが含まれる。クレアモント・カレッジズ図書館の蔵書数はカリフォルニア州でスタンフォード大学南カリフォルニア大学に次いで3位である[9]

脚注[編集]

外部リンク[編集]