リブロース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
リブロース
リブロースのフィッシャー投影図。左がD体、右がL体。
IUPAC名1,3,4,5-テトラヒドロキシペンタン-2-オン
別名D/L-erythro-ペンツロース
分子式C5H10O5
分子量150.13
CAS登録番号D体 [488-84-6]
L体 [5556-48-9]
形状無色油状
SMILESC(C(C(C(=O)CO)O)O)O

リブロース (ribulose) はケトース、五炭糖に分類される糖の一種。化学式は C5H10O5 で、自然界にはL体、D体の両エナンチオマーがともに存在する。

1位と5位にリン酸基のついたリブロース-1,5-ビスリン酸は、光合成カルビン - ベンソン回路において、二酸化炭素を固定する重要な働きをしている。そのため、この反応を触媒するリブロース1,5-ビスリン酸カルボキシラーゼ/オキシゲナーゼは地球上で最も多いタンパク質となっている。

また、5位にリン酸基のついたリブロース-5-リン酸は、ペントースリン酸経路で作られ、核酸を構成するリボースを作る原料となる。