リキソース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
D-リキソース
リキソースのフィッシャー投影図。左が
IUPAC名(2S,3S,4R)-2,3,4,5-テトラヒドロキシペンタナール
分子式C5H10O5
分子量150.13
CAS登録番号1114-34-7
形状白色固体
融点108–112 °C

リキソース (lyxose) は、五炭糖及びアルドースに分類されるの一種である。

中心の炭素原子不斉原子でないため、還元体のリキシトールは、アラビニトールと全く同一の物質である。

L-リキソースは、抗生物質クラマイシンの分解物からのみ得られるが、D-リキソースは天然からは全く産出しない。

水溶液中では異性化を起こし、環状構造との混合物となる(変旋光)。平衡状態に達したときに最も存在比が高いのは α-ピラノース体である。

α-D-リキソピラノース