マット・ウェスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マット・ウェスト
Matt West
オリックス・バファローズ #29
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 テキサス州ヒューストン
生年月日 (1988-11-21) 1988年11月21日(28歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
200 lb =約90.7 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2007年 MLBドラフト2巡目(全体80位)でテキサス・レンジャーズから指名
初出場 MLB / 2014年7月10日
NPB / 2017年5月3日
年俸 4,600万円(2017年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

マシュー・ロバート・オニール・ウェストMatthew Robert O'Neil West, 1988年11月21日 - )は、アメリカ合衆国テキサス州ヒューストン出身のプロ野球選手投手)。右投右打。NPBオリックス・バファローズ所属。

オリックスでの登録名はウエスト

経歴[編集]

プロ入りとレンジャーズ時代[編集]

2007年MLBドラフト2巡目(全体80位)でテキサス・レンジャーズから指名され、内野手として契約。傘下のルーキー級アリゾナリーグ・レンジャーズで29試合に出場し、打率.301・17打点・1盗塁の成績を残した。

2008年はA-級スポケーン・インディアンス英語版で67試合に出場し、打率.258・4本塁打・30打点・1盗塁の成績を残した。

2009年はA級ヒッコリー・クロウダッズで135試合に出場し、打率.234・5本塁打・55打点・12盗塁の成績を残した。

2010年はA級ヒッコリーで115試合に出場し、打率.223・13本塁打・48打点・7盗塁の成績を残した。

2011年に右腕の強さを買われ、パワーピッチャーとして投手へ転向[2]。A-級スポケーンで23試合に登板し、1勝2敗9セーブ・防御率3.12・35奪三振の成績を残した。9月にA+級マートルビーチ・ペリカンズへ昇格し、1試合に登板した。オフの11月18日にレンジャーズとメジャー契約を結び[3]40人枠入りを果たした。

2012年はA+級マートルビーチで17試合に登板し、0勝3敗・防御率6.64・14奪三振の成績を残した。8月22日トミー・ジョン手術を行った。

2013年は前年の手術の影響で大半をリハビリに費やし、8月にルーキー級アリゾナリーグで復帰した。

2014年はAA級フリスコ・ラフライダーズで開幕を迎え、8試合に登板。2勝0敗3セーブ・防御率0.68・10奪三振と好投し、5月にAAA級ラウンドロック・エクスプレスへ昇格。AAA級ラウンドロックでは19試合に登板した。7月10日にメジャーへ昇格し[4]、同日のロサンゼルス・エンゼルス戦でメジャーデビュー。10点ビハインドの6回表から登板し、2回を無安打無失点1奪三振に抑えた[5]。この年は3試合に登板し、防御率6.75・3奪三振の成績を残した。

2015年1月5日DFAとなった[6]

ドジャース時代[編集]

2015年1月14日ウェイバー公示を経てトロント・ブルージェイズへ移籍した[7]。開幕は傘下のAA級ニューハンプシャー・フィッシャーキャッツで迎え、5月2日にDFAとなった[8]

5月4日にウェイバー公示を経てロサンゼルス・ドジャースへ移籍し、同日中に傘下のAA級タルサ・ドリラーズへ異動した[9]。メジャーでは6月に2試合登板し、7月11日にDFAとなった[10]。15日にマイナー契約でAAA級オクラホマシティ・ドジャースに異動した[11]。この年はプレーしたマイナー4球団合計で34試合に登板して2勝2敗1セーブ・防御率3.54・55奪三振の成績を残した。

2016年はAAA級オクラホマシティでプレーし、39試合に登板して3勝0敗6セーブ・防御率2.33・38奪三振の成績を残した。9月1日に自由契約となった[11]

オリックス時代[編集]

2016年12月13日オリックス・バファローズへの入団が発表された[12]。背番号は29

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2014 TEX 3 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 18 4.0 6 0 1 0 0 3 0 0 3 3 6.75 1.75
2015 LAD 2 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 11 3.0 2 0 1 0 0 2 0 0 0 0 0.00 1.00
通算:2年 5 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 29 7.0 8 0 2 0 0 5 0 0 3 3 3.86 1.43
  • 2016年度シーズン終了時

記録[編集]

NPB投手記録

背番号[編集]

  • 63 (2014年)
  • 76 (2015年)
  • 29 (2017年 - )

脚注[編集]

  1. ^ オリックス3助っ投獲得 来季外国人選手は計7人に”. 2016年12月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月14日閲覧。
  2. ^ T.R. Sullivan (2011年11月18日). “Texas adds Perez, five more to 40-man roster” (英語). MLB.com. 2016年12月22日閲覧。
  3. ^ “Rangers purchase contracts of six players for 40-man roster” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Texas Rangers), (2011年11月18日), http://m.rangers.mlb.com/news/article/26003228/rangers-purchase-contracts-of-six-players-for-40-man-roster/ 2016年12月22日閲覧。 
  4. ^ “Rangers recall RHP Matt West from Triple-A Round Rock, option RHP Phil Irwin to Round Rock” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Texas Rangers), (2014年7月10日), http://m.rangers.mlb.com/news/article/84048280/rangers-recall-rhp-matt-west-from-triple-a-round-rock/ 2016年12月22日閲覧。 
  5. ^ Scores for Jul 10, 2014” (英語). ESPN MLB (2014年7月10日). 2014年7月12日閲覧。
  6. ^ “Rangers sign free agent infielder Adam Rosales to one-year contract” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Texas Rangers), (2015年1月5日), http://m.rangers.mlb.com/news/article/105599498/rangers-sign-free-agent-infielder-adam-rosales-to-one-year-contract 2015年1月6日閲覧。 
  7. ^ “Blue Jays roster moves” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Toronto Blue Jays), (2015年1月14日), http://m.bluejays.mlb.com/news/article/106418062/blue-jays-roster-moves 2015年1月15日閲覧。 
  8. ^ David Singh (2015年5月2日). “Blue Jays send Pompey, Albers to triple-A Buffalo” (英語). Sportsnet. 2015年5月4日閲覧。
  9. ^ Steve Adams (2015年5月4日). “Dodgers Acquire Matt West From Blue Jays” (英語). MLB Trade Rumors. 2015年5月5日閲覧。
  10. ^ Eric Stephen (2015年7月11日). “Dodgers option Josh Ravin, DFA Matt West to make room for Brandon Beachy”. SB Nation. 2015年7月14日閲覧。
  11. ^ a b MLB公式プロフィール参照。2016年12月22日閲覧。
  12. ^ 新外国人選手獲得のお知らせ”. オリックス・バファローズ・オフィシャルウェブサイト (2016年12月13日). 2016年12月16日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]