プラット・アンド・ホイットニー JT3C

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

JT3Cは、アメリカ空軍の要求に基づきプラット・アンド・ホイットニーで開発されたターボジェットエンジンアメリカ空軍での識別番号はJ57

概要[編集]

YJ57-P-3 cut-away demonstrator at USAF Museum

T45 ターボプロップエンジンXB-52に搭載する過程で開発された。B-52の要求に応えるためターボジェットに変更された。JT3Cは初期の推力10,000 lbf (45 kN)であった。

世界最初の実用超音速機・ノースアメリカン F-100に搭載されたことで有名であり、1950年代前半の多くの超音速機のエンジンとして採用された。ただしいずれもマッハ1級機であり、このエンジンを搭載した機体でマッハ2に達した例はない。

搭載機[編集]

軍用 (J57)

民間用 (JT3C)

外部リンク[編集]