ブムタン県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

座標: 北緯27度45分 東経90度40分 / 北緯27.750度 東経90.667度 / 27.750; 90.667

ブムタン県の位置
Kurje Lhakhang, Jakar
Kurje Lhakhang, Jakar

ブムタン県(ぶむたんけん、ゾンカ語: བུམ་ཐང་རྫོང་ཁག་、ワイリー方式:Bum-thang rzong-khag)はブータン王国北部の。ブータン中東部の文化の中心地である[1]。古くからチベット仏教の高僧が訪れ[2]古代寺院聖域の多い、深い歴史を持つ県である。

ウラ、チュメイ、タング、ブムタンの4つの谷からなるが[2]、まとめてブムタン谷英語版と見做す事もある。「ブムタン」は「美しい平野」を意味する。

ジャンバイ・ラカン英語版建造後に名付けられたと言われる。

経済[編集]

蕎麦乳製品蜂蜜リンゴ綿製品を生産している。小麦粉蕎麦の生産量が多い[1]

言語[編集]

ブムタン県で話される言葉はブムタン語として知られる。

チベット・ビルマ語派に属し、ブータンの国語のゾンカ語に近い。ゾンカ語話者はブムタン語を理解出来る。

4つある谷はそれぞれ方言を持ち、南部のケン族英語版地域はケン語を話す。

歴史的に、ブムタン語話者は東のクルトプ語話者や、西のヌプビ語話者、南のケン語話者との繋がりが強く、まとめて「ブムタン語族」と考える事も有る。[3][4][5][6]
チベット語族英語版ブロッカトゥ語英語版危機に瀕する言語で、ブムタン谷英語版ドゥル村英語版で約300人が話すのみである。[7]
ドゥル村はヤクの牧畜を行う。[8][9]

行政区画[編集]

ブムタン県は4つの村に分かれる。[10]

以下の有名な町を含む。

県議会は毎年10月中旬に開催される。
2010年7月17日、子供が通学し易くする為にタンディンダン学校が開校した。

環境[編集]

ブムタン県の殆どの地域が国の環境保護区になっている。
北側の2/3の地域(チョエコル村とタング村)はワンチュク百年国立公園英語版に属しており、緑の回廊に囲まれている。
県南部(チュフメ村とウラ村)はフルムセングラ国立公園英語版に属する。 [10] [11]
ブムタン県はオグロヅルの重要な冬営地である。

観光地[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b ブムタン | 日本ブータン友好協会” (日本語). 日本ブータン友好協会 | Japan-Bhutan Friendship Association (2013年2月25日). 2021年9月23日閲覧。
  2. ^ a b デジタル大辞泉. “ブムタンとは” (日本語). コトバンク. 2021年9月23日閲覧。
  3. ^ Schicklgruber, Christian (1998). Françoise Pommaret-Imaeda. ed. Bhutan: Mountain Fortress of the Gods. Shambhala. pp. 50, 53. https://books.google.co.jp/books?id=8Q1uAAAAMAAJ&redir_esc=y&hl=ja 
  4. ^ van Driem, George (2007). “Endangered Languages of Bhutan and Sikkim: East Bodish Languages”. In Moseley, Christopher. Encyclopedia of the World's Endangered Languages. Routledge. p. 295. ISBN 0-7007-1197-X. https://books.google.co.jp/books?id=6LoNl7ZRO70C&redir_esc=y&hl=ja 
  5. ^ van Driem, George (2007). Matthias Brenzinger. ed. Language diversity endangered. Trends in linguistics: Studies and monographs, Mouton Reader. 181. Walter de Gruyter. p. 312. ISBN 3-11-017050-7. https://books.google.co.jp/books?id=6p6b5GQ4Q4YC&redir_esc=y&hl=ja 
  6. ^ Bumthangkha”. Ethnologue Online. Dallas: SIL International (2006年). 2011年1月18日閲覧。
  7. ^ Moseley, Christopher (2007). Encyclopedia of the World's Endangered Languages. Curzon language family series. Psychology Press. pp. 314, 324. ISBN 0-7007-1197-X. https://books.google.co.jp/books?id=6LoNl7ZRO70C&redir_esc=y&hl=ja 
  8. ^ Brokkat”. Ethnologue Online. Dallas: SIL International (2006年). 2011年1月18日閲覧。
  9. ^ van Driem, George L. (1993年). “Language Policy in Bhutan (PDF)”. London: SOAS. 2011年1月18日閲覧。
  10. ^ a b Chiwogs in Bumthang (PDF)”. Election Commission, Government of Bhutan (2011年). 2011年7月28日閲覧。
  11. ^ Parks of Bhutan”. Bhutan Trust Fund for Environmental Conservation online. Bhutan Trust Fund. 2011年7月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年3月26日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]