トンサ県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

座標: 北緯27度20分 東経90度25分 / 北緯27.333度 東経90.417度 / 27.333; 90.417

トンサ県の位置
トンサ英語版近郊の風景

トンサ県ゾンカ語:ཀྲོང་གསར་རྫོང་ཁག་/ワイリー方式:Krong-gsar rdzong-khag)はブータン南部の県。 ブータンの地理的中心はトンサ城英語版にある。

言語[編集]

トンサ県の言語は多岐にわたる。 北部から東部ではブムタン語が話される。 南東部ではケン語が話される。 西半分ではニェン語が話される。 北部ではラ語が話される。 南部では国語のゾンカ語が話される。 中南部のオレ語話者は消滅した。 [1] 歴史的に、ブータン中部〜東部に広がるブムタン語話者は、クルトプ語やマンドゥエピカ語、ケン語話者との繋がりが強い。 これらはまとめて「ブムタン諸語」とも呼ばれる [2] [3] [4]

地理[編集]

トンサ県は西にワンデュ・ポダン県、東にブムタン県、南にチラン県サルパン県シェムガン県に接する。

行政区画[編集]

トンサ県は5つの村に分かれる [5]

環境[編集]

トンサ県の殆どは環境保護区である。 北部(ヌビ村)にはワンチュク百年国立公園英語版が、中央部〜西部〜南部(ランシル村、タングシブジ村)にはジグミ・シンゲ・ワンチュク国立公園英語版が有り、緑の回廊で繋がっている。 南東部から北東部にはスルムシン峠国立公園英語版に繋がる緑の回廊が広がっている[5][6]

関連項目[編集]

References[編集]

  1. ^ van Driem, George L. (1993年). “Language Policy in Bhutan (PDF)”. London: SOAS. 2011年1月18日閲覧。
  2. ^ Schicklgruber, Christian (1998). Françoise Pommaret-Imaeda. ed. Bhutan: Mountain Fortress of the Gods. Shambhala. pp. 50, 53. http://books.google.com/books?id=8Q1uAAAAMAAJ. 
  3. ^ van Driem, George (2007). “Endangered Languages of Bhutan and Sikkim: East Bodish Languages”. In Moseley, Christopher. Encyclopedia of the World's Endangered Languages. Routledge. p. 295. ISBN 0-7007-1197-X. http://books.google.com/books?id=6LoNl7ZRO70C. 
  4. ^ van Driem, George (2007). Matthias Brenzinger. ed. Language diversity endangered. Trends in linguistics: Studies and monographs, Mouton Reader. 181. Walter de Gruyter. p. 312. ISBN 3-11-017050-7. http://books.google.com/books?id=6p6b5GQ4Q4YC. 
  5. ^ a b Chiwogs in Trongsa (PDF)”. Election Commission, Government of Bhutan (2011年). 2011年7月28日閲覧。
  6. ^ Parks of Bhutan”. Bhutan Trust Fund for Environmental Conservation online. Bhutan Trust Fund. 2011年7月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年3月26日閲覧。