ラ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ラ語
話される国  ブータン
話者数 8000人 (1993年)[1]
言語系統
表記体系 チベット文字
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3 lkh
消滅危険度評価
Definitely endangered (UNESCO)
Status-unesco-definitely.svg
テンプレートを表示

ラ語チベット文字ལ་ཁ་ワイリー方式la kha)は、シナ・チベット語族チベット・ビルマ語派に属する言語である。ツァン語ラカツァンカとも呼ばれる。一方で、ラカ語ツァンカ語と呼ばれることもあるが、ゾンカ語同様に「カ」は「言語」をあらわす。ラ語の「ラ」とは「峠」という意味である。ブータン中部のワンデュ・ポダン県トンサ県で話されている[2]。またヤクの牧畜の共同体の子孫により話されている[2]

ブータンの言語分布

脚注[編集]

  1. ^ Lakha language at Ethnologue (18th ed., 2015)
  2. ^ a b ヴァン・ドリーム, ジョージ (1993年). “Language Policy in Bhutan (PDF)”. ロンドン: 東洋アフリカ研究学院. 2011年1月18日閲覧。