ワンデュ・ポダン県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

座標: 北緯27度30分 東経90度10分 / 北緯27.500度 東経90.167度 / 27.500; 90.167

ワンデュ・ポダン県の位置

ワンデュ・ポダン県(ゾンカ語:དབང་འདུས་ཕོ་བྲང་རྫོང་ཁག་/ワイリー方式:Dbang-'dus Pho-brang rdzong-khag)はブータン中央部の県。 1638年に建てられたワンデュ・ポダン城が県の中心である。 城門の外にも同名の小さな市場が有る。 南からの侵入を防ぐ最高の土地を探していたガワン・ナムゲル(1594年1651年)が名付けたと言われている。 ゾンカ語で「ワンデュ」は「国の統合」、「ポダン」は「宮殿」を意味する。 南にダガナ県チラン県、東にトンサ県、西にティンプー県プナカ県、北にガサ県チベットと接する。 面積は3977km2、2013年の人口は3万6279人、人口密度は9.1人/km2である。

ワンデュ・ポダン城[編集]

ワンデュ・ポダン城

ガワン・ナムゲル1638年にワンデュ・ポダン城を建てた。 2012年6月に焼失したが、当時は修復中で中の物品を倉庫で保管していた為破壊から免れた。 [1]

言語[編集]

ワンデュ・ポダン城の初等僧

ワンデュ・ポダン県の主要言語は国語のゾンカ語で、西側の2/3で用いられる。 ブムタン県に接する北東部はラ語が用いられる。 中央部ではニェン語が話される。 南東部では僅かにオレ語が話される。

交通[編集]

ワンデュ・ポダン県には3本の舗装道路が通っている。 1本目の東西道路は西のドチュ峠から入り、サンコシュ川英語版を横切り、東のトンサ県に抜ける。 2本目はワンデュ・ポダン県から北のプナカ県ガサ県に向かう。 3本目はペレ峠英語版で東西道路から分岐し、南のガンテン修道院英語版フォブジカ谷英語版に達する。 この谷では貴重なオグロヅルが見られる。

行政区画[編集]

ワンデュ・ポダン県は15の村に分かれる。 [2]

環境[編集]

ワンデュ・ポダン県の殆どは自然保護区である。 北半分(カジ村、ダンチュ村、セフ村)はワンチュク百年国立公園英語版に属する。 北西部(カジ村)はジグメ・ドルジ国立公園英語版に属する。 南東部(アサン村、フォブジ村)はジグメ・シンゲ・ワンチュク国立公園英語版に属する。 これらは緑の回廊で繋がっている。 [2][3] 環境的に貴重で脆いフォブジカ谷は政府の保護を受けていないが、ブータン人による民間保護団体の王立自然保護学会英語版(RSPN)が管理している。 RSPNは公共の福祉を目指す非営利組織(PBO)で、教育や持続可能な農業、エコツーリズム、生活の向上に注力している。 [4] [5]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Wangduephodrang Dzong completely gutted” (2012年6月24日). 2012年6月24日閲覧。
  2. ^ a b Chiwogs in Wangdue Phodrang (PDF)”. Election Commission, Government of Bhutan (2011年). 2011年7月28日閲覧。
  3. ^ Parks of Bhutan”. Bhutan Trust Fund for Environmental Conservation online. Bhutan Trust Fund. 2011年7月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年3月26日閲覧。
  4. ^ John D and Catherine T MacArthur Foundation (2010年). “The Royal Society for Protection of Nature – Protecting Bhutan's rich biodiversity”. 2010 MacArthur Award for Creative & Effective Institutions. 2011年8月30日閲覧。
  5. ^ Royal Society for the Protection of Nature”. Bhutan Foundation. 2011年8月31日閲覧。

外部リンク[編集]