サムツェ県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

座標: 北緯27度0分 東経89度5分 / 北緯27.000度 東経89.083度 / 27.000; 89.083

サムツェ県

བསམ་རྩེ་རྫོང་ཁག
サムツェ県の位置
サムツェ県の位置
ブータン
県都 サムツェ
面積
 • 合計 1,725km2
人口
(2013年)
 • 合計 68,579人
等時帯 UTC+6 (ブータン時間)

サムツェ県ゾンカ語:བསམ་རྩེ་རྫོང་ཁག་/ワイリー方式:Bsam-rtse rdzong-khag)はブータン西部の県。 2013年の人口は6万8579人。

歴史と文化[編集]

かつてのサムツェ県は、山岳ブータン人が低地の熱帯病を恐れた為に人口が少なかった。 20世紀前期、多くのネパール人が森林伐採の為に導入された。 国内最大の新聞のクエンセルによると、人口増加によってサムツェ県では住宅不足が起きている。 [1]。 サムツェ県はあまり知られていない2500人程のロプ人英語版の故郷でもある。 ブータン人はロプ人を「チベット人が移住する前から居る原住民」と認識している。 ロプ人はアニミズムを信仰し、交叉いとこ英語版で結婚し、独特な埋葬習慣を持つ。 サムツェ県は、1900年代初頭〜1960年代までこの地方を統治したグルング・カジ家の故郷でもある。

言語[編集]

サムツェ県ではロトゥシャンパ人英語版ネパール語を用いる。 東部には国語であるゾンカ語を話す住民が住んでいる。 サムツェ県にはネパール人ゾンカ語話者が訪れる以前から住んでいる原住民が存在する。 北東部では2000人程がレプチャ語を用いる。 チュカ県との境界では2500人程がロプ語を用いる。 [2]

経済と教育[編集]

サムツェ県では滑石ドロマイトが豊富に採れる。 カルダモン蜜柑が主要な換金作物だが、殆どの農家は自給農業を行っている。 バラ村は国内最大のカルダモン生産量を誇る。 サムツェ教育大学英語版ブータン王立大学英語版の一部である。

地理[編集]

面積は約1500km2で、シンガポールの2倍弱である。 西にインドシッキム州、南に西ベンガル州と接する。 国内ではハ県チュカ県と接する。

行政区画[編集]

サムツェ県は15の村に分かれる [3]

サムツェ県とチュカ県はブータンでは珍しく鳥獣保護区が無い。 1960年代にはブータン南部の多くが保護区になったが、後に解除された [4] [5]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Dorji, Tashi (2005年6月23日). “Housing crunch in Samtse”. Kuensel online. 2011年4月26日閲覧。
  2. ^ van Driem, George L. (1993年). “Language Policy in Bhutan (PDF)”. London: SOAS. 2011年1月18日閲覧。
  3. ^ Chiwogs in Samtse (PDF)”. Election Commission, Government of Bhutan (2011年). 2011年7月28日閲覧。
  4. ^ Parks of Bhutan”. Bhutan Trust Fund for Environmental Conservation online. Bhutan Trust Fund. 2011年3月26日閲覧。
  5. ^ The Organisation”. Bhutan Trust Fund for Environmental Conservation online. Bhutan Trust Fund. 2011年3月26日閲覧。