サムドゥプ・ジョンカル県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サムドゥプ・ジョンカル県の位置

サムドゥプ・ジョンカル県ゾンカ語:བསམ་གྲུབ་ལྗོངས་མཁར་རྫོང་ཁག/ワイリー方式:Bsam-grub Ljongs-mkhar rdzong-khag)はブータン東部の県。 北部から西部ではツァンラ語が、東部ではネパール語が主に用いられる。 面積は1887km22013年の人口は3万9405人、人口密度は20.8人/km2である。

行政区画[編集]

サムドゥプ・ジョンカル県は11の村に分かれる [1]

保護区[編集]

南東部のラングチェンフ村、ペマサング村、サムラング村、セルシ村の一部はカリング鳥獣保護区英語版に含まれる。 カリング鳥獣保護区は緑の回廊で北のサクテング鳥獣保護区英語版と西の王立マナス国立公園英語版に繋がっている [1][2]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Chiwogs in Samdrup Jongkhar (PDF)”. Election Commission, Government of Bhutan (2011年). 2011年7月28日閲覧。
  2. ^ Parks of Bhutan”. Bhutan Trust Fund for Environmental Conservation online. Bhutan Trust Fund. 2011年3月26日閲覧。

外部リンク[編集]

座標: 北緯26度55分 東経91度37分 / 北緯26.917度 東経91.617度 / 26.917; 91.617