サルパン県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

座標: 北緯26度50分 東経90度15分 / 北緯26.833度 東経90.250度 / 26.833; 90.250

サルパン県の位置

サルパン県ゾンカ語:གསར་སྤང་རྫོང་ཁག་/ワイリー方式:Gsar-spang rdzong-khag)はブータン南部の県。面積は1,655km22013年の人口は4万3915人、人口密度は15人/km2

言語[編集]

サルパン県の主要言語はインド・ヨーロッパ語族ネパール語である。ローツァンパが用いる。北東部では東チベット諸語英語版ケン語が用いられる。

行政区画[編集]

サルパン県は12の村に分かれる[1]

環境[編集]

サルパン県の大部分は自然保護区に含まれる。西部(センゲ村)のインドとの国境地帯には無人のフィブソー鳥獣保護区英語版がある。 北部(ジグメチュホエリン村)には黒山国立公園英語版がある。東部から南東部(ジグメチュホエリン村、タレイサン村、ウムリン村)には王立マナス国立公園英語版がある。3つの保護区は緑の回廊で繋がれている[1][2]

歴史[編集]

2007年4月26日、ラモイ・ジンガ郡の所属がサルパン県からダガナ県に変更された[3]。サルパン県最西部だったラモジンガ町、ラモイ・ジンガ村英語版デオラリ村英語版ニチュラ村英語版はダガナ県の最南部になった[4]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Chiwogs in Sarpang (PDF)”. Election Commission, Government of Bhutan (2011年). 2011年7月28日閲覧。
  2. ^ Parks of Bhutan”. Bhutan Trust Fund for Environmental Conservation online. Bhutan Trust Fund. 2011年3月26日閲覧。
  3. ^ Sarpang Dzongkhag Administration online – "Handing-Taking"”. Wayback Machine Internet Archive (2008年3月19日). 2008年3月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年1月23日閲覧。
  4. ^ Sarpang Dzongkhag Ninth Plan (2002-2000007) (PDF)”. 2016年5月22日閲覧。