タシ・ヤンツェ県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

座標: 北緯27度40分 東経91度25分 / 北緯27.667度 東経91.417度 / 27.667; 91.417

タシ・ヤンツェ県の位置

タシ・ヤンツェ県ゾンカ語:བཀྲ་ཤིས་གྱང་ཙེ་རྫོང་ཁག་/ワイリー方式:Bkra-shis Gyang-tse rdzong-khag)はブータン東部の県。 1992年タシガン県から分離した。 面積は1447km2、2013年の人口は2万266人、人口密度は14人/km2である。 県都はタシ・ヤンツェ英語版

言語[編集]

タシ・ヤンツェ県の主要言語は3つ有る。 北部のブムデリン村とトエツォ村ではザラ語が話される。 南部のジャムハル村、カムダン村、ラムジャル村では東ブータンの共通語のツァンラ語が話される。 トムジャンツェン村ではチョチャガチャ語が話される。

行政区画[編集]

タシ・ヤンツェ県は8つの村に分かれる [1]

鳥獣保護区[編集]

1993年に設置されたブムデリン鳥獣保護区英語版の中にクロン・チュ鳥獣保護区英語版が設置された。 ブムデリン鳥獣保護区は県の北半分(ブムデリン村、ヤンツェ村)を覆う [2]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Chiwogs in Trashiyangtse (PDF)”. Election Commission, Government of Bhutan (2011年). 2011年7月28日閲覧。
  2. ^ Parks of Bhutan”. Bhutan Trust Fund for Environmental Conservation online. Bhutan Trust Fund. 2011年7月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年3月26日閲覧。

外部リンク[編集]