チュカ県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

座標: 北緯27度0分 東経89度30分 / 北緯27.000度 東経89.500度 / 27.000; 89.500

チュカ県

ཆུ་ཁ་རྫོང་ཁག་
チュカ県の位置
チュカ県の位置
ブータン
県都 プンツォリン
面積
 • 合計 1,991km2
人口
(2005年)
 • 合計 74,387人
等時帯 UTC+6 (ブータン時間)
チュカ県の風景
チュカ県のプンツォリングの風景

チュカ県(チュカけん、ゾンカ語:ཆུ་ཁ་རྫོང་ཁག/ワイリー方式:Chu-kha rdzong-khag)は、ブータン西部の県。
2005年の人口は約7.4万人。
中心都市はプンツォリンで、インドとブータン西部を繋ぐ道が通る。
チュカ県はブータンの商業と金融の中心である。
1988年に完成したブータン最古のチュカ水力発電所と、ブータン最大のタラ・ダム英語版がある。
県別に見るとチュカ県はGDPがブータン最大である。
ブータン最古の産業企業のブータン・カーバイド化学有限会社(BCCL)やブータン・板製品有限会社(BBPL)がある。

言語[編集]

チュカ県では、北部のンガロプ人英語版と南部のネパール人は国語のゾンカ語を話す。
南西部のサムツェ県との境界地域に住む少数派のロプ人英語版ロプ語を話す。

行政区画[編集]

チュカ県は11の村に分かれる[1]

環境[編集]

チュカ県とサムツェ県はブータンでは珍しく自然保護区が無い。
1960年代にはブータン南部にも多くの保護区があったが、公園級保護区は解除された[2][3]。 中心地は標高200mで亜熱帯性の気候。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Chiwogs in Chukha (PDF)”. Election Commission, Government of Bhutan (2011年). 2011年7月28日閲覧。
  2. ^ Parks of Bhutan”. Bhutan Trust Fund for Environmental Conservation online. Bhutan Trust Fund. 2011年7月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年3月26日閲覧。
  3. ^ The Organisation”. Bhutan Trust Fund for Environmental Conservation online. Bhutan Trust Fund. 2010年3月29日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年3月26日閲覧。

外部リンク[編集]