ケン語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ケン語
話される国  ブータン
話者数 4万人 (1993年)
言語系統
表記体系 チベット文字
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3 xkf
消滅危険度評価
Vulnerable (UNESCO)
Status-unesco-vulnerable.svg
テンプレートを表示

ケン語チベット文字ྨཕགལཔམཕ)は、シナ・チベット語族チベット・ビルマ語派に属する言語である。ケンカとも呼ばれる。一方で、ケンカ語と呼ばれることもあるが、ゾンカ語同様に「カ」は「言語」をあらわす。ケンはシェムガン地方の古い地名である。ブータン中南部のシェムガン県トンサ県モンガル県で話されている[1]

ブータンの言語分布

脚注[編集]

  1. ^ ヴァン・ドリーム, ジョージ (1993年). “Language Policy in Bhutan (PDF)”. ロンドン: 東洋アフリカ研究学院. 2011年1月18日閲覧。

参考文献[編集]

  • Yangdzom, Deki; Arkesteijn, Marten (n.d.). Khengkha Lessonbook: Khengkha-English / English-Khengkha Wordlist. Thimphu: SNV, Bhutan 
  • ヴァン・ドリーム, ジョージ (2001). Languages of the Himalayas: An Ethnolinguistic Handbook of the Greater Himalayan Region: Containing an Introduction to the Symbiotic Theory of Language. Brill. pp. 1412. ISBN 90-04-12062-9 
  • ヴァン・ドリーム, ジョージ (2007). “Endangerd Languages of Bhutan and Sikkim: East Bodish Languages”. In Moseley, Christopher. Encyclopedia of the World's Endangered Languages. Routledge. pp. 295, 331. ISBN 0-7007-1197-X 
  • Namgyel, Singye. The Language Web of Bhutan. Thimphu: KMT 
  • ヴァン・ドリーム, ジョージ; Karma Tshering of Gaselô (collab) (1998). Dzongkha. Languages of the Greater Himalayan Region. Leiden: Research School CNWS, School of Asian, African, and Amerindian Studies. ISBN 90-5789-002-X 

外部リンク[編集]