フィリピンの地理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

フィリピンの地理(フィリピンのちり、英語: Geography of Philippines)では、フィリピン地理について記述する。

フィリピン諸島は7,107[1][2]の島々から構成されており、総陸地面積は、343,448 平方km[3][4]である。11の大きな島が陸地全体の約95%を占める。最も大きな島はルソン島で、約105,000平方kmである。二番目に大きな島はミンダナオ島で約95,000平方kmである。列島はアジア本土から約800キロ離れており、台湾ボルネオ島の間に位置する。

フィリピン諸島は三つのグループ(ルソン、ビサヤ、ミンダナオ)に分けられる。 ルソン諸島は、ルソン島のほか、パラワン島ミンドロ島ボアク島マリンドゥク州)、マスバテ島ロンブロン島カタンドゥアネス島バタン島ポリロ島などからなる。ビサヤ諸島はフィリピン中央に位置するグループで パナイ島ネグロス島セブ島ボホール島レイテ島サマール島Samar)、シキホル島ビリラン島ギマラス島などからなる。ミンダナオ諸島は、ミンダナオ島のほか、ディナガット島シアルガオ島カミギン島、サマール島(Samal)、および、バシラン地方、スールー地方、タウィタウィ地方から構成されるスールー諸島などからなる。

自然地理[編集]

フィリピン領海線


脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ The Philippines”. Official Gazette. Government of the Philippines. 2016年11月27日閲覧。
  2. ^ http://www.gmanetwork.com/news/story/555068/news/nation/namria-discovers-400-to-500-new-islands-in-phl-archipelago
  3. ^ http://www.namria.gov.ph/
  4. ^ The Philippines”. Official Gazette. Government of the Philippines. 2016年11月27日閲覧。