東経127度線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
線が入っている地球
127°
東経127度線

東経127度線(とうけい127どせん)は、本初子午線面からへ127角度を成す経線である。北極点から北極海アジア太平洋オーストラリアインド洋南極海南極大陸を通過して南極点までを結ぶ。東経127度線は西経53度線と共に大円を形成する。

通過する国・地点[編集]

東経127度線は、北極点から南極点まで南に向かって以下の場所を通っている。


地理座標 国土・領土・領海 備考
北緯90度0分 東経127度0分 / 北緯90.000度 東経127.000度 / 90.000; 127.000 (北極海) 北極海
北緯77度34分 東経127度0分 / 北緯77.567度 東経127.000度 / 77.567; 127.000 (ラプテフ海) ラプテフ海
北緯73度27分 東経127度0分 / 北緯73.450度 東経127.000度 / 73.450; 127.000 (ロシア) ロシアの旗 ロシア レナ川デルタを通過
北緯51度0分 東経127度0分 / 北緯51.000度 東経127.000度 / 51.000; 127.000 (中華人民共和国) 中華人民共和国の旗 中華人民共和国 黒龍江省
吉林省北緯45度0分 東経127度0分 / 北緯45.000度 東経127.000度 / 45.000; 127.000 (吉林省)から)
黒龍江省(北緯44度47分 東経127度0分 / 北緯44.783度 東経127.000度 / 44.783; 127.000 (黒龍江省)から約10km
吉林省(北緯44度43分 東経127度0分 / 北緯44.717度 東経127.000度 / 44.717; 127.000 (黒龍江省)から)
北緯41度45分 東経127度0分 / 北緯41.750度 東経127.000度 / 41.750; 127.000 (北朝鮮) 朝鮮民主主義人民共和国の旗 北朝鮮 慈江道
両江道
慈江道
咸鏡南道
平安南道
咸鏡南道
平安南道
江原道
黄海北道
江原道
北緯38度13分 東経127度0分 / 北緯38.217度 東経127.000度 / 38.217; 127.000 (韓国) 大韓民国の旗 韓国 京畿道
ソウル特別市
仁川広域市
世宗特別自治市
大田広域市
忠清南道
忠清北道
全羅北道
全羅南道
光州広域市
北緯34度18分 東経127度0分 / 北緯34.300度 東経127.000度 / 34.300; 127.000 (東シナ海) 東シナ海 大韓民国の旗 韓国牛島の東を通過
大韓民国の旗 韓国済州島北緯33度27分 東経126度57分 / 北緯33.450度 東経126.950度 / 33.450; 126.950 (済州島)の東を通過
日本の旗 日本渡名喜島北緯26度22分 東経127度8分 / 北緯26.367度 東経127.133度 / 26.367; 127.133 (渡名喜島))の西を通過
日本の旗 日本久米島北緯26度20分 東経126度49分 / 北緯26.333度 東経126.817度 / 26.333; 126.817 (久米島))の東を通過
北緯25度45分 東経127度0分 / 北緯25.750度 東経127.000度 / 25.750; 127.000 (太平洋) 太平洋 フィリピン海 インドネシアタラウド諸島北緯4度16分 東経126度55分 / 北緯4.267度 東経126.917度 / 4.267; 126.917 (Talaud Islands))の東を通過
北緯4度17分 東経127度0分 / 北緯4.283度 東経127.000度 / 4.283; 127.000 (モルッカ海) モルッカ海  インドネシアラタラタ島南緯0度16分 東経127度1分 / 南緯0.267度 東経127.017度 / -0.267; 127.017 (ラタラタ島))の西を通過
 インドネシアカシルタ島南緯0度26分 東経127度5分 / 南緯0.433度 東経127.083度 / -0.433; 127.083 (カシルタ島))の西を通過
南緯1度43分 東経127度0分 / 南緯1.717度 東経127.000度 / -1.717; 127.000 (セラム海) セラム海
南緯3度9分 東経127度0分 / 南緯3.150度 東経127.000度 / -3.150; 127.000 (インドネシア)  インドネシア ブル島
南緯3度43分 東経127度0分 / 南緯3.717度 東経127.000度 / -3.717; 127.000 (バンダ海) バンダ海  インドネシアウェタル島南緯7度43分 東経126度50分 / 南緯7.717度 東経126.833度 / -7.717; 126.833 (ウェタル島))の東を通過
 インドネシアキサール島英語版南緯8度2分 東経127度8分 / 南緯8.033度 東経127.133度 / -8.033; 127.133 (キサール島))の西を通過
南緯8度20分 東経127度0分 / 南緯8.333度 東経127.000度 / -8.333; 127.000 (東ティモール) 東ティモールの旗 東ティモール
南緯8度41分 東経127度0分 / 南緯8.683度 東経127.000度 / -8.683; 127.000 (ティモール海) ティモール海
南緯13度46分 東経127度0分 / 南緯13.767度 東経127.000度 / -13.767; 127.000 (オーストラリア) オーストラリアの旗 オーストラリア 西オーストラリア州
南緯32度18分 東経127度0分 / 南緯32.300度 東経127.000度 / -32.300; 127.000 (インド洋) インド洋 オーストラリア当局は当海域が南極海の一部である旨を主張している[1][2]
南緯60度0分 東経127度0分 / 南緯60.000度 東経127.000度 / -60.000; 127.000 (南極海) 南極海
南緯66度31分 東経127度0分 / 南緯66.517度 東経127.000度 / -66.517; 127.000 (南極大陸) 南極大陸 オーストラリア南極領土 - オーストラリアの旗 オーストラリア領有権主張

出典[編集]

  1. ^ Darby, Andrew (2003年12月22日). “Canberra all at sea over position of Southern Ocean”. The Age. http://www.theage.com.au/articles/2003/12/21/1071941610556.html 2013年1月13日閲覧。 
  2. ^ Indian Ocean”. Encyclopaedia Britannica. 2013年1月13日閲覧。

関連項目[編集]