香港の地理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

香港地理は、主に3つの地域(香港島九龍新界)から構成される。

文字通り「よい香りの港湾」という意味の「香港」は、以前、香木や芳香剤などの交換が行われていた、現在の香港島香港仔周辺の地域に由来している[1]。香港島と九龍半島を隔てる海峡のビクトリア・ハーバーは、世界で最も深い自然の海港の1つである。香港島や260の島、半島は南シナ海に位置しており、珠江デルタの河口にある。

界限街の南の九龍半島と香港島の北の新界は、1860年と1898年にそれぞれ香港政庁へと加えられた。香港の地形は、かなりの丘陵があり、急な傾斜が多い。この地域の最高地点は、大帽山で、標高は958mである[2]。低地は、新界の北西部に存在する。

香港は、珠江の反対側にあるマカオの60 km東に位置する。北は、深圳市との境界がある。陸地の多くは、国立公園や自然保護区となっている。

解説[編集]

香港特別行政区: 1. 離島区; 2. 葵青区; 3. 北区; 4. 西貢区; 5. 沙田区; 6. 大埔区; 7. 荃湾区; 8. 屯門区; 9. 元朗区; 10. 九龍城区; 11. 観塘区; 12. 深水埗区; 13. 黄大仙区; 14. 油尖旺区; 15. 中西区; 16. 東区; 17. 南区; 18. 湾仔区

位置[編集]

珠江デルタにある香港の位置

香港は東アジアに位置し、中華人民共和国の南東海岸にあって、南シナ海に面する。

面積[編集]

  • 陸地 - 1,104 km2 (426 sq mi)
  • 海 - 1,650 km2 (640 sq mi)

香港政府による[3]

境界線[編集]

香港の広東省深圳市との境界線。この地図では、陸地の境界線のみならず、海上の境界線も記している

アメリカ中央情報局による[2]

海岸線[編集]

  • 合計: 733 km
  • 領海: 3 nm

アメリカ中央情報局による[2]

[編集]

香港には、500 m2以上の島が263あり[4]、この中には、香港島大嶼島長洲島南丫島坪洲青衣島

気候[編集]

香港の気候は、亜熱帯で、季節風により、冬は涼しく乾燥し、夏は暑く多湿となる。2006年時点で、年間平均降水量は2,214 mm (87.2 in)で、5月から9月にかけての降水がおよそ80%を占める。5月から11月までの熱帯低気圧によって影響を受けることがあり、7月から9月は特に多い。香港の気温は、1月および2月は16 °C (60.8 °F)だが、7月や8月には28 °C (82.4 °F)となる[5]

1月と2月は曇りが多く、乾燥した北風により、時折寒冷前線が発生する。温度が市街地で10 °C (50 °F)以下に下がることも珍しくない。氷点下の気温やも、高地や新界でときどき観測される。3月や4月は、湿度が高い日もあるが、晴れて心地の良い日が続く。霧雨は、南東へ露出した高地でよく起こる。5月から9月にかけては、高温多湿で、にわか雨雷雨が降る。午後の気温は31 °C (87.8 °F)を越え、夜もだいたいは26 °C (78.8 °F)前後までにしか下がらない。11月と12月は、心地よい微風が吹き、十分な日射しと丁度良い気温となる[6]

地形[編集]

香港の地形は、険しく、傾斜の多い山地がある。香港の北部には低地がある。特に香港島や九龍半島の重要な土地が埋め立てられている。

極地[編集]

香港の最低地点は、南シナ海 (0 m) で、最高地点は、荃湾区の大帽山 (958 m) である。

陸地[編集]

主要な山[編集]

香港とその周辺の都市の地図
  1. 大帽山 - 957 m, 荃湾区
  2. 鳳凰山英語版 - 934 m, 大嶼島
  3. 大東山英語版 - 869 m, 大嶼島
  4. 四方山 - 785 m
  5. 蓮花山英語版 - 766 m, 大嶼島
  6. 彌勒山英語版 - 751 m, 大嶼島
  7. 二東山英語版 - 747 m, 大嶼島
  8. 馬鞍山英語版 - 702 m
  9. 牛押山英語版 - 674 m
  10. 草山英語版 - 647 m
  11. 黄嶺英語版 - 639 m
  12. 水牛山英語版 - 606 m
  13. 西水牛山英語版 - 604 m
  14. 飛鵝山英語版 - 602 m
  15. 純陽峰英語版 - 591 m
  16. 吊手岩中国語版 - 588 m
  17. 雞公嶺中国語版 - 585 m
  18. 青山英語版 - 583 m
  19. 蓮花山英語版 - 578 m
  20. 大老山英語版 - 577 m

香港島で最も高いヴィクトリア・ピークは、標高552mで、香港では24番目に高い。

天然資源[編集]

香港の天然資源は、主に以下の3つに分類することができる。

  • 陸地の金属を含む鉱物及び金属を含まない工業鉱物
  • 採石された岩や建築石材
  • 海底に堆積した砂

面積が小さいにもかかわらず、香港では、比較的多くの鉱物が発見されている。鉱床もいくつか営利的に開発されている。金属を含む鉱物は、主に、スズタングステンモリブデン亜鉛スズの砂鉱の4つに分類される。この鉱物の多様性は、大部分が中生代の火山活動が原因であり、ミネラル濃度は、断層に関連して、熱水の活動により高められた。金属を含まない鉱物では、カオリナイト長石石英緑柱石グラファイトなどが営利的に利用されている[7]

長年、花崗岩火山岩は、道路舗装、護岸、外装、アスファルトのために地元で採石されており、現在は主にコンクリートが主な目的となっている。現在、3つの採石場が香港で稼働している。主に花崗岩は、藍地英語版石澳安達臣道英語版に位置している。すべての採石場は、再建の必要性があり、予想ではあと2年から8年の寿命である[7]

市街地開発の増加に伴い、香港の砂や埋め立て盛り土のために、海底の砂さらいが行われている[8]

他の天然資源として、森林や野生生物などがある。

土地利用[編集]

  • 耕作地: 5.05%
  • 永久耕作地: 1.01%
  • その他: 93.94% (2001年推計)

アメリカ中央情報局による[2]

災害[編集]

熱帯低気圧は、6月から8月にかけての夏に、たびたび発生する。地滑りが降雨の後に起こることがある。

環境問題[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Visit Hong Kong: Volume 1, Spring, 2004 (p.14), University of Hong Kong English Centre.
  2. ^ a b c d "Hong Kong". The World Factbook. CIA. Retrieved 18 September 2009.
  3. ^ "Hong Kong geographic data". Land Department. Hong Kong SAR Government. Retrieved 17 September 2013.
  4. ^ Lands Department (February 2011) (PDF), Hong Kong Geographic Data, http://www.landsd.gov.hk/mapping/en/publications/hk_geographic_data_sheet.pdf 2011年4月29日閲覧。 
  5. ^ Hong Kong Survey & Mapping Office, Lands Department. Hong Kong Guide 2007 [map]. Notes on Hong Kong, p. 411. ISBN 962-567-174-9.
  6. ^ Climate of Hong Kong Hong Kong Observatory. Retrieved on 1 September 2007.
  7. ^ a b R.J. Sewell, S.D.G. Campbell, C.J.N. Fletcher, K.W. Lai & P.A. Kirk (2000). The Pre-Quaternary Geology of Hong Kong. Government of Hong Kong SAR. ISBN 962-02-0299-6. 
  8. ^ J.A. Fyfe, R.Shaw, S.D.G. Campbell, K.W. Lai & P.A. Kirk (2000). The Quaternary Geology of Hong Kong. Government of Hong Kong SAR. ISBN 962-02-0298-8. 
  • Census and Statistics Department, HKSAR. February 2006.

外部リンク[編集]

座標: 北緯22度15分 東経114度10分 / 北緯22.250度 東経114.167度 / 22.250; 114.167