バエ湖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
バエ湖
Laguna de Bay

Laguna de Bay zoom.jpg

バエ湖の位置(フィリピン内)
バエ湖
バエ湖 (フィリピン)
所在地 フィリピンの旗 フィリピン ルソン島
位置 北緯14度23分0秒 東経121度15分0秒 / 北緯14.38333度 東経121.25000度 / 14.38333; 121.25000座標: 北緯14度23分0秒 東経121度15分0秒 / 北緯14.38333度 東経121.25000度 / 14.38333; 121.25000
面積 約900[1] km2
周囲長 約220[1] km
最大水深 7.3[1] m
平均水深 2.8[1] m
貯水量 3.2[1] km3
Project.svg プロジェクト 地形
テンプレートを表示

バエ湖Laguna de Bay)は、フィリピン北部ルソン島にあるラグナ湖とも呼ぶ。メトロ・マニラMetro Manila)とカラバルソン地方CALABARZON, Region IV-A)に跨っている。

フィリピン最大の湖であり、火山噴火の降下および地盤の隆起によってマニラ湾から分離したものである[2]

表面積は約900km2。湖の形状は、2つの大きな半島と、それに連なるタリム島(Talim Island)により、アルファベットのWに近い形状をしている。

その大きさの割には水深は浅く平均すると2.8mほどしかなく。北西のパシッグ川からマニラ湾へ流出する。乾期には湾から海水が逆流する[2]

スペイン語の「ラグナ・デ・バエ」の「ラグナ」とはスペイン語で湖を意味し、南東部のラグナ州はそのまま「湖の州」ということになる。現地ではバエ湖のことを「ラグナ・レイク」(Laguna Lake)と呼んでいる。これは統治下のアメリカ人が広めたもので、日本語に直訳すると「湖湖」になる。因みにタガログ語では「ラワ・ナン・バエ」(Lawa ng Bay)。また、「バイ湖」ということもある。

バエ湖の風景
バエ湖の風景

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b c d e LAGUNA DE BAY - 国際湖沼環境委員会、2017年5月閲覧
  2. ^ a b ラグナ湖水質特性(1996) - 中島淳ら
[ヘルプ]

外部リンク[編集]