ファンタズム (ジャレコ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ファンタズム
Avenging Spirit
ジャンル アクションゲーム
対応機種 アーケードゲーム
ゲームボーイ
ニンテンドー3DSバーチャルコンソール)[VC]
開発元 ジャレコ
発売元 ジャレコ
人数 1人
メディア GB:ROMカートリッジ
VC:ダウンロード
発売日 AC:1991年
GB:1992年11月6日
VC:2011年6月7日
対象年齢 VC:CERO:A(全年齢対象)
テンプレートを表示

ファンタズム』(PHANTASM)は、1991年ジャレコが発表した日本アーケードゲーム。ジャンルはアクションゲームである。1992年にはゲームボーイにも移植され発売された。

なお、1995年シエラオンラインより発売された実写ムービーを使ったホラーゲームファンタズム』とは別物である。

ストーリー[編集]

主人公が恋人とデートしている最中、見知らぬ男たちが彼女を連れ去ろうとする。止めようとした主人公は銃で撃たれ死んでしまう。この男たちは秘密結社の構成員。彼女は霊エネルギー研究者の娘だった。死して霊体となった主人公は、恋人の父親から他者の肉体に乗り移る能力を与えてもらい、恋人を救うために戦うことを決意する。

ゲーム内容[編集]

方向キーと攻撃ボタン・ジャンプボタンを駆使して敵を倒していくアクションゲーム。各ステージには大きなサイズのボスがいる。残機(プレイヤーストック)の概念が無く、主人公の霊のエネルギーがなくなるとその場でゲームオーバーとなる。

エネルギーとは別に、憑依対象の体力が設定されており、ボス戦など特殊な状況を除けば、操作対象の体力がなくなっても、他のキャラクターに乗り換えて続行することができる。ゲーム内では敵として登場するキャラクターのほとんどに憑依することができ、対象によって移動や攻撃の性能が変わる。

コミカルな外見に反し難易度は高く、ゲームバランスも悪い事から、市場から消えるのは早かった。そのため、知名度は低い。

本作品は2つのエンディングがあるマルチエンディングである。なお、バッドエンディングを見るためには、ラストボスを倒すまでにコンテニューを何度もしなければならない。ゲームボーイ版には高難易度の隠しモードが存在しており、このモードのグッドエンディングは、アーケード版では無かった彼女のその後が一枚絵として現れ、大どんでん返しの内容となっている。

日本国外版[編集]

日本国外では『Avenging Spirit』のタイトルで発売された。

外部リンク[編集]