ザ・ロードオブキング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ザ・ロードオブキング
ジャンル 横スクロールアクション
対応機種 アーケード
開発元 エイコム
発売元 ジャレコ
プロデューサー 竹森得泰
ディレクター 竹森得泰
デザイナー 竹森得泰
西村年幸
プログラマー きんじょうさとる
音楽 横山清
美術 西村年幸
すごうともこ
人数 1 - 2人(同時プレイ)
メディア 業務用基板
(2.63メガバイト
稼働時期 日本 1989111989年11月
アメリカ合衆国 1989年
デバイス 8方向レバー
3ボタン
CPU MC68000 (@ 12 MHz)
サウンド MC68000 (@ 7 MHz)
YM2151 (@ 3.5 MHz)
OKI6295 (@ 4 MHz)×2
ディスプレイ ラスタースキャン
横モニター
256×224ピクセル
60.00Hz
パレット1024色
テンプレートを表示

ザ・ロードオブキング』は、1989年ジャレコが発売したアーケードアクションゲーム。同年12月21日にはファミリーコンピュータに移植されている。

ファミリーコンピュータ版は大型カードリッジの採用により、大型のキャラクターを動かしたり、シネマディスプレイと呼ばれるイベント映像が展開される。

日本国外では『The Astyanax』(ジ・アステュアナクス)のタイトルで発売された。

ゲーム内容[編集]

システム[編集]

ステージクリア型の横スクロールのアクションゲーム。ゲーム開始時やステージクリア時に流れるシネマディスプレイが採用されている。

全11面でラウンド1を除く前半と後半に分かれたラウンドが存在し、最終ボスの「魔王マクマホン」を倒すのが目的。各ラウンドに出現する中ボスが待ち構えており、倒すと前半ラウンドはクリアとなり、後半ラウンドでは大ボスが登場する。見事大ボスを倒すとラウンドクリア。残機制とライフ制を併用しており、体力が0になるか穴に落ちると残機が1つ減り、残機がなくなるとゲームオーバー。スタートボタンを押すとコンティニューできる(何回でも可能)。スペルがMP制となっており、魔法を使うときに使用する。スペルを回復する方法は特定のアイテム1種類のみ。

武器[編集]

チェンジ・バッシュを取ることで武器が1段階あがる。但し、ミスすると武器が1段階下がる。パワーゲージを採用しており、攻撃しないでいるとゲージが増加し威力が上がる。攻撃のたびにゼロに戻る。

黄金の斧
初期装備。威力が1番低い。
スピア
威力は中間だが、武器の中でスペルの消費量が小さくなる。
攻撃力が1番高い。一方でスペルの消費量が大きくなる。

魔法[編集]

ブラスト
火炎を8方向に飛ばして攻撃する。
ライトニング
画面上の敵を全体攻撃。スペルの燃費が1番大きい。
レッグホールド
一定時間内に敵の動きを止める。

アイテム[編集]

各ステージにある黄金の像を2回攻撃することでアイテムが出現する。

パワーサプライ
武器ゲージの最大値が上昇。ステージによっては上限値が決められている。
チェンジ・バッシュ
装備している武器が1段階あがる(斧、スピア、剣の順)。
ポーション(青)
ライフ全回復。
ポーション(赤)
ライフが少量だけ回復。
ウイング
武器を振る速度が上がる。
1UP
残機数が1つ増える。
キューティ
スペルゲージが少ないときに出現。スペル回復か武器の変更が行える。

設定[編集]

ストーリー[編集]

ある日、夢の中で姫君の声が聞いた少年がいた。彼の名はローシュ、ハイスクールの1年生。翌日、通学路を歩いていたローシュはあの声が響き渡ったその時、眩い閃光がローシュを襲った!現実の世界から飛ばされたローシュは目を覚ますと、その傍らにキューティと名乗る妖精がいた。そこは異世界レムリアと呼ばれており、キューティは現実の世界から召喚したのだった。魔王マクマホンによってトンプソン姫が囚らわれた挙句、レムリアを支配した事を知ったローシュは黄金の斧を手に取り、魔物達に立ち向かう。果たして、魔王マクマホンを倒し、レムリアとトンプソン姫を救う事が出来るのだろうか・・・。

ステージ構成[編集]

ROUND1-1 REMLIA
最初のラウンドで物語の舞台。
ROUND2-1 REDROAD
森のラウンド。
ROUND2-2 INAZUMI
上へ登っていく縦スクロール。
ROUND3-1 RYOGOKU
城跡のラウンド。
ROUND3-2 RENT
下に降りて行く縦スクロール。
ROUND4-1 MARSHY
不気味な毒沼のラウンド。
ROUND4-2 GRAVE
洞窟内の墓場のラウンド。
ROUND5-1 TELUGAMN
テレネア城に繋がる大橋。
ROUND5-2 CLIFF
ROUND2-2以来の縦スクロール。大ボスは不在。
ROUND6-1 THELENEA
魔王マクマホンが存在する本城。次の部屋に入るには十字キーの上を押しっぱなしにしなければならない。
ROUND6-2 TOWER
最終ステージ。今までに登場した中ボスが5体登場する。最上階にはマクマホンとの対決が待っている。

登場人物[編集]

ローシュ
本作の主人公。現実世界で夜な夜なトンプソンが出てくる夢を見ており、あくる日突然選ばれし戦士としてレムリアに召喚される。キューティに事の表しを説明され、トンプソン救出しか帰る手段がないことからやけくそ気味に闘う道を進む。現実世界では普通の少年だが、異世界人であるため強い力を発揮できる。
キューティ
ローシュをサポートする妖精。トンプソンを助け出すために召喚術を行い、ローシュとともにトンプソン救出の旅に同行する。事情が事情とはいえ無理にローシュを異世界に来させてしまっているのを気に掛けている。
トンプソン
レムリア王国の王女。マクマホンによって幽閉される。ローシュを現実世界に帰せる手段を持っている。
魔王マクマホン
テレネアの城主。トンプソンの力を吸収し世界破壊を狙う。
メイジリッチ
マクマホンの側近。

他機種版[編集]

No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 型式 売上本数
1 日本 ザ・ロードオブキング
アメリカ合衆国 The Astyanax
ヨーロッパ The Astyanax

日本 198912211989年12月21日
アメリカ合衆国 1990031990年3月
ヨーロッパ 1990年
ファミリーコンピュータ エイコム ジャレコ 2メガビットロムカセット[1] 日本 JF-25
-

スタッフ[編集]

アーケード版
  • プロデュース、ディレクター:竹森得泰
  • ゲーム・デザイナー:竹森得泰、NENKO(西村年幸)
  • グラフィック・デザイナー:NENKO(西村年幸)、NS NAOCHAN、KAN-CHAN、すごうともこ
  • プログラム:きんじょうさとる
  • 音楽:横山清
  • スペシャル・サンクス:T.HAYASHI、Mr.HERAI、Mr.KOORIYAMA
ファミリーコンピュータ版
  • 企画、デモコンテ:川野一博
  • グラフィック・アーティスト:加藤友子、小宮山慶太
  • スクリーン・アニメーション:加藤友子、川野一博
  • 音楽:せりーぬ田崎(田崎寿子
  • プログラム:ぼっ、ぼくなんだなあー
  • サウンド・ドライバー:澤和雄

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体 結果
Computer and Video Games 80/100点 (AC)[2]
Electronic Gaming Monthly 19/40点 (NES)[3]
ファミ通 17/40点 (FC)[4]
ファミリーコンピュータMagazine 16.95/30点 (FC)[1]
ファミリーコンピュータ版

ゲーム誌『ファミコン通信」の「クロスレビュー」では合計17点(満40点)[4]、『ファミリーコンピュータMagazine』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、16.95(満30点)となっている[1]

項目 キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合
得点 3.02 2.88 2.77 2.83 2.75 2.70 16.95

関連作品[編集]

同一の開発スタッフによって制作された作品。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 「5月10日号特別付録 ファミコンロムカセット オールカタログ」、『ファミリーコンピュータMagazine』第7巻第9号、徳間書店1991年5月10日、 72頁。
  2. ^ Astyanax for Arcade (1989) - Moby Games”. Blue Flame Labs. 2017年6月17日閲覧。
  3. ^ Astyanax for NES (1989) - Moby Games”. Blue Flame Labs. 2017年6月17日閲覧。
  4. ^ a b ザ・ロード・オブ・キング まとめ [ファミコン] / ファミ通.com” (日本語). KADOKAWA CORPORATION. 2017年6月17日閲覧。

外部リンク[編集]