ニンティ空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
林芝米林空港
ニンティ・メンリン空港
林芝米林机场
Nyingchi Mainling Airport
ヤルンツァンポ川対岸より見たニンティ空港
ヤルンツァンポ川対岸より見たニンティ空港
IATA: LZY[1] - ICAO: ZUNZ[1]
概要
国・地域 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
所在地 チベット自治区ニンティ
種類 公共用
運営者 中国民航総局
開港 2006年9月1日
標高 2,949[1] m
座標 北緯29度18分12秒 東経94度20分7秒 / 北緯29.30333度 東経94.33528度 / 29.30333; 94.33528
地図
中国全土とチベット自治区の空港位置図
中国全土とチベット自治区の空港位置図
LZY/ZUNZ
中国全土とチベット自治区の空港位置図
中国全土とチベット自治区の空港位置図
LZY/ZUNZ
中国全土とチベット自治区の空港位置図
滑走路
方向 長さ×幅 (m) 表面
05/23[2] 3,000[1]×45[2] コンクリート[3]
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示
ニンティ・メンリン空港
各種表記
繁体字 林芝米林機場
簡体字 林芝米林机场
拼音 Lín​zhī​ Mǐ​lín​ Jī​chǎng​
発音: リンヂー ミーリン ジーチャン
英文 Nyingchi Mainling Airport
テンプレートを表示

林芝米林空港簡体字: 林芝米林机场)およびニンティ・メンリン空港中華人民共和国チベット自治区ニンティ市メンリン県に位置する4C級の支線空港。八一鎮(ニンティ市巴宜区の政府所在地)から55km、メンリン県の市街から19km離れている。[4]

概要[編集]

ヤルンツァンポ川の川沿いに有り、滑走路の長さは3km、幅は路肩を含めて60mである[4]。工費は7.8億かかった[5]

本空港は中国で最も飛行が難しい空港と言われている[6]。航路は第二次世界大戦時の駝峰航線駝峰航線)であり、チベット高原東南部の山間に有り、周囲を4000m級の高山に囲まれた狭くて湾曲した峡谷の中を飛行する[6]。山と山の最狭窄部は4kmで天候も変わりやすく、毎日14時~18時の風速は27m/秒に達する[6]。従って離着陸は午前中に行われる(ただし上海便は)。1年のうちで飛行に適した天気は僅か100日程度である[6]。この為にアメリカNAVERUS社製のRNP(Required Navigation Performance/航法精度要件)装置を導入している[7]

民間空港であるが、中国人民解放軍が駐留し[8]兵員輸送にも用いられる。[9][10]

沿革[編集]

就航航空会社と就航路線[編集]

関連項目[編集]

註釈・参考資料[編集]