朝陽空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
朝陽空港
Chaoyang Airport
IATA: CHG - ICAO: ZYCY
概要
国・地域 中華人民共和国の旗 中国
所在地 遼寧省朝陽市
種類 民間
標高 173 m
座標 北緯41度32分17秒 東経120度26分06秒 / 北緯41.53806度 東経120.43500度 / 41.53806; 120.43500座標: 北緯41度32分17秒 東経120度26分06秒 / 北緯41.53806度 東経120.43500度 / 41.53806; 120.43500
公式サイト www.lnairport.com/chaoyang
滑走路
方向 長さ (m) 表面
2,000 ?
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示
朝陽空港
各種表記
繁体字 朝陽機場
簡体字 朝阳机场
拼音 Cháoyáng Jīchăng
発音: チャオヤン ジーチャン
英文 Chaoyang Airport
テンプレートを表示

朝陽空港(ちょうようくうこう)は、中国遼寧省朝陽市に位置する空港。

概要[編集]

1933年に建設され、1942年日本軍により拡張された。1958年、民用航空として改修され、1960年9月1日に正式に開港し瀋陽便を開設した。しかし、空港施設が粗末だった為に休航となった。1974年、基礎の上にセメントの滑走路と副滑走路を建造して駐機場も設置し空港は2C級に達した。1985年と1993年に2度に渡って大規模拡張をし3C級に達し、総面積は113.4m2となった。大型や中型機も就航できるようになり、1994年、北京、大連、丹東、青島、済南、秦皇島等8路線が開通した。しかし、再び欠航となるが、2008年2月29日にフライト再開された。

就航路線[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]