武漢王家墩飛行場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
武漢王家墩飛行場
武汉王家墩机场
IATA: WJD - ICAO: ZHWT
概要
国・地域 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
所在地 湖北省武漢市
種類 軍民共用
運営者 中華民国空軍(1931~49)
中国人民解放軍空軍
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示

武漢王家墩飛行場(ぶかんおうかとんひこうじょう、簡体字: 武汉王家墩机场)は、かつて中華人民共和国湖北省武漢市に存在した軍民共用飛行場である。空軍漢口飛行場の名でも知られていた。

概要[編集]

1931年民国20年)に揚子江北岸の華商競馬場南部に建設される。南北1000m、東西400mで、空軍の拠点として使用されたほか、欧亜航空公司にも使用され、南部には同公司の無電台と水上機用発着所があった。1935年6月より漢口航空総站に指定される。金家駟郝中和などが航空站站長を務めた。第3大隊(戦闘機隊)が駐留。日中戦争勃発後、1937年10月よりソ連空軍志願隊拠点となる。

漢口陥落後、日本海軍の第十二航空隊第十三航空隊拠点として使用され、1939年10月の漢口空襲では一連空幹部が多数死傷した。1950年、人民解放軍に接収される[1]

2007年に閉鎖された。軍用飛行場は同市新洲区へ移転、以前のまま空軍漢口飛行場を名のっている(しかし漢口にはない)。民間飛行場は武漢天河国際空港に引き継がれた。現在飛行場跡地は武漢中央商務区として再開発が行なわれている[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]

関連項目[編集]