合肥駱崗国際空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
合肥駱崗国際空港
Hefei Luogang International Airport
合肥駱崗国際空港の画像
IATA: HFE - ICAO: ZSOF
概要
国・地域 中華人民共和国の旗 中国
所在地 安徽省合肥市包河区駱崗鎮
種類 民間
運営者 安徽民航機場集団有限公司
標高 33 m (108 ft)
座標 北緯31度46分48秒 東経117度17分54秒 / 北緯31.78000度 東経117.29833度 / 31.78000; 117.29833座標: 北緯31度46分48秒 東経117度17分54秒 / 北緯31.78000度 東経117.29833度 / 31.78000; 117.29833
地図
HFEの位置(中華人民共和国内)
HFE
HFE
滑走路
方向 ILS 長さ×幅 (m) 表面
14/32 YES 3,000×50 舗装
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示
合肥駱崗国際空港
各種表記
繁体字 合肥駱崗国際機場
簡体字 合肥骆岗国际机场
拼音 Héfēi Luógāng Guójì Jīchǎng
発音: ホーフェイ ゥオガン グオジー ジーチャン
英文 Hefei Luogang International Airport
テンプレートを表示

合肥駱崗国際空港(ごうひらくこうこくさいくうこう、がっぴらっこうこくさいくうこう)は、かつて中華人民共和国安徽省合肥市包河区駱崗鎮に存在した国際空港である。

概要[編集]

1977年開港。合肥市の8km南に所在し、全長3,000メートル・幅50メートルの滑走路1本を有していた。IATA空港コードは「HFE」、ICAOコードは「ZSOF」であった。

老朽化が著しいこと、そして今後見込まれる需要増に対応出来ないことを理由に、2005年、合肥市北西部に新空港を建設する計画が持ち上がった[1][2]。そして、2013年5月30日に新空港「合肥新橋国際空港」が開港されると、当空港は閉港となった[3]

沿革[編集]

  • 1977年11月 合肥駱崗空港として開港する。
  • 1996年 拡張工事が完成し、4D級の空港となる。
合肥駱崗国際空港の出発待合エリア

主な就航会社[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 琴寄辰男、編集委員・小森敦司 (2009年1月6日). “<連載…世界変動>米中依存 新たな次元”. 朝日新聞. オリジナル2015年5月13日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150513151025/http://www.asahi.com/special/world_fluctuation/TKY200901050308.html 2015年5月13日閲覧。 《》
  2. ^ 2.合肥市の投資環境~(2)インフラの状況 (Report). 信金中央金庫・上海駐在員事務所. (2009-02-24). pp. 5-6. オリジナルの2015年5月13日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150513162124/http://www.scbri.jp/PDFshanghai-rep-jyouhou/scb79h20sh20-2.pdf#page=6 2015年5月14日閲覧。. 《》
  3. ^ a b 明鮮花 (2013年5月30日). “合肥新橋国際空港が開港、A380も離発着できる4E規格”. What's New in 上海. エクスプロア上海. 2015年5月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年5月14日閲覧。《》

関連項目[編集]

外部リンク[編集]