メンリン県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中華人民共和国 チベット自治区 米林県
西側から望むナムチャバルワ
西側から望むナムチャバルワ
簡体字 米林
繁体字 米林
拼音 Mĭlín
カタカナ転写 ミーリン
チベット語 སྨན་གླིང་
ワイリー方式 Sman gling
蔵文 Mainling
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
自治区 チベット
地級市 ニンティ市
行政級別
面積
総面積 9,507 km²
人口
総人口(2003) 2 万人
経済
電話番号 0894
郵便番号 860500
ナンバープレート 蔵G
行政区画代碼 542621
公式ウェブサイト http://www.xzml.gov.cn/

メンリン県(‐けん)は中国チベット自治区ニンティ市の一つ。県名はチベット語で「薬洲」の意。前身は則拉崗宗。南部は国境係争地帯であるインドアルナーチャル・プラデーシュ州の一部として実効支配されている。ローバ族の居住地域である。

行政区画[編集]

3鎮、4郷、1民族郷を管轄:

  • :臥竜鎮、メンリン鎮(米林鎮)、派鎮
  • :里竜郷、扎西繞登郷、羌納郷、丹娘郷
  • 民族郷:南伊ローバ族郷

地理[編集]

ニンティ市の中西部、ヤルンツァンポ川の中流、ニェンチェンタンラ山脈ヒマラヤ山脈の間に位置する。平均海抜は3,700m。

経済[編集]

鉱物資源は砂金石膏石灰岩クロミウムなど。

農耕林業が主。主な樹種はモミトウヒオークイトスギ他。木材の総蓄積量は4000万km3。特産の果実はリンゴクルミモモ


ニンティ地区の行政区分