ナゴヤイノベーターズガレージ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Japanese Map symbol (Museum) w.svg ナゴヤイノベーターズガレージ
施設情報
管理運営 一般社団法人中部圏イノベーション推進機構
開館

2019年7月8日

2022年7月8日(フロア拡張)
所在地 460-0008
愛知県名古屋市中区栄3-18-1 ナディアパーク4F
外部リンク https://garage-nagoya.or.jp/
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

ナゴヤイノベーターズガレージ:NAGOYA INNOVATOR'S GARAGE)は、愛知県名古屋市中区三丁目のナディアパーク内にあるイノベーション拠点。略称は「ガレージ」、「イノベーターズガレージ」。

2019年(令和元年)に、名古屋市と一般社団法人中部経済連合会によって設立された[1][2]

中部経済圏の更なる発展と企業の新たな価値の創出を促進のために異業種交流からイノベーションを誘発し、加速させることを目的としている。

概要[編集]

フリーアドレスの会員制コワーキングスペースのほか、イベント会場としても利用されている。ナゴヤイノベーターズガレージ主催のイノベーションに関するプログラム(新規事業創出ワークショップやDXセミナー、異分野・異業種交流イベント、スタートアップピッチ教養講座、演奏会、アート鑑賞会)など、館内では連日イベントが開催されている。

ナディアパーク 4階 の大きな柱が目印

デザインコンセプトは「ガレージ」。施設の設計・デザインには(株)ビルダーズ 代表取締役 安田耕司、(株)ドラフト (:DRAFT Inc.) 代表 山下泰樹などが携わった。コンセプトは「傑出する・際立つ」という意味を持つ「STAND OUT」でイノベーションを起こす尖った人材や突出したアイデアが育まれやすい環境づくりを目指した。[3]

また、『ナゴヤイノベーターズガレージ賞』と題して、愛知県立芸術大学の卒業生による様々な作品が展示されており、空間にアートを導入することでアート思考を用いて新たなビジネスの創出における創造性を高める仕掛けをしている。『NAGOYA INNOVATOR’S GARAGE ANNEX』には愛知県立芸術大学の教員による作品も展示されている。

産学官共創拠点として、産業界、大学、行政出身のメンバーにより企画・運営され、組織内外の様々なネットワーク知識資源資産を統合した中部圏イノベーションエコシステムを経済成長と地方創生を軸に形成している。

運営団体[編集]

一般社団法人中部圏イノベーション推進機構イノベーション拠点「NAGOYA INNOVATOR’S GARAGE」の運営法人として、2019年5月に発足。オープンイノベーションを推進している。事業内容は「NAGOYA INNOVATOR’S GARAGE」の運営、プログラム活動の実行および管理。発足時の役員体制は、水野明久  (一社)中部経済連合会会長、 副会長 竹中裕紀  (一社)中部経済連合会副会長、中田英雄  名古屋市副市長である。中部5県の知事名古屋市長、国の主な地方機関の局長、主な大学の学長および一般社団法人中部経済連合会の正・副会長を構成メンバーとする中部経産業振興協議会で2016年ごろから中部圏のイノベーションを触発し続ける仕組みについての議論が行われていた。名古屋市と2年間の協議により、起業や新規事業開発、社内で既存事業の画期的な改革を志す人に向けて新拠点を2018年の夏頃に設立することとなった。[4]

また、名古屋市及び一般社団法人中部圏イノベーション推進機構の共同事業として、「STARTUP GUIDE NAGOYA(スタートアップガイド ナゴヤ)」を2021年(令和3年)3月に発行。名古屋地域のスタートアップ・エコシステムを取り巻く環境やパイオニア精神を持ったスタートアップ企業や大企業、スタートアップ支援プログラム等について紹介している。[5]また、3月26日の発行記念イベントでは河村たかし名古屋市長、中部経済連合会会長や中部地方のスタートアップの登壇のほか、愛知県を拠点に活躍するバーチャルYouTuber キミノミヤが司会を務めた。[6]

沿革[編集]

  • 2019年(令和元年)5月 - 運営団体である一般社団法人中部圏イノベーション推進機構が発足
  • 2019年(令和元年)7月 - 「NAGOYA INNOVATOR'S GARAGE(ナゴヤイノベーターズガレージ)」がナディアパーク4階にオープン
  • 2021年(令和2年)7月 - 母団体である一般社団法人中部経済連合会名古屋大学愛知県名古屋市浜松市等で、「Central Japan Startup Ecosystem Consortium」を組成。スタートアップ・エコシステムの形成を進め、愛知・名古屋及び浜松地域がスタートアップ・エコシステム「グローバル拠点都市」として内閣府から選定
  • 2021年(令和3年)3月 -「STARTUP GUIDE NAGOYA(スタートアップガイド ナゴヤ)」を発行[7]
  • 2021年(令和3年)12月 - 利用者延べ30000人を達成
  • 2022年(令和4年)7月 - フロアを拡張し、「NAGOYA INNOVATOR'S GARAGE Annex[8](ナゴヤイノベーターズガレージ アネックス)」をナディアパーク3階にオープン

利用案内[編集]

開館時間[編集]

  • 平日(月~金)・祝日:9:30 - 21:30 (入場21:00まで)
  • 土曜日:10:00 - 17:00 (入場16:30まで)

休館日[編集]

施設[編集]

施設は2つのフロアで構成されている。会員のみが利用可能だが、会員との同時利用(ゲスト入場)や一般向けプログラムへの参加の場合に限り、非会員でも利用できる。会員は個人会員と法人会員との2種類がある。

4階 NAGOYA INNOVATOR’S GARAGE(本館)[編集]

大型スクリーンプロジェクターがあり、イベント開催やオンライン配信も可能。

3F コワーキング/イベントスペース
Collaboration Area (East/West) 150名規模セミナーやピッチなどを開催可能
Tired Seating ワークやミーティングなど多用途に利用できる大階段
Presentation Area 50名規模のイベントが開催できるエリア。異業種交流、出会いと議論の場
Reception Area エントランスとなる受付・待ち合わせエリア
Meeting Area ミーティングやグループワークなど多用途に利用できる
Focus Area  音と視線を柔らかく遮り、集中力を持続させる個別の集中ブース
Open Kitchen 飲み物を片手にリフレッシュできるカフェスペース

3階 NAGOYA INNOVATOR’S GARAGE Annex(別館)[編集]

大型のデジタル窓や実証実験スペースなどがあり、スタートアップ投資家、企業人などが集う会員間交流イベントが毎月開催される。

4F 新規ビジネスの創出のための実践スペース
Chat Zone 仕事はじめ、終わりにリラックスできるエリア
Co-Creation Zone 仲間と本格的な共創を実践し、イノベーションを創出する場
Mentoring Zone スタートアップや企業の新規事業開発担当者のためのメンタリングスペース

メインプログラム[編集]

  • 大人の学びなおし:大学教員によるリベラル・アーツ講座。全10回のリカレント教育プログラム
  • ビヨンド・ザ・ボーダー:異業種共創ワークショップ。企業若手人材のためのアントレプレナー教育プログラム
  • CENT Pitch:中部に進出したいシード〜アーリー期のスタートアップ企業のためのピッチイベント
  • Music in the Garage:クラシックJazzなど演奏家による音楽コンサート。
  • キッズ&ジュニアプログラム:デジタル技術や社会の仕組みを楽しく学ぶ小中学生向け体験講座
  • Z世代ナゴヤ未來会議:デジタルネイティブZ世代と世界と日本の未来を考える座談会
  • 未来創造プログラム:環境やデジタル、モビリティなど中部圏企業の未来洞察を刺激する分野のパネルディスカッションなど
  • Meet up chubu:中部経済産業局との連携イベント。共同研究や新事業展開に向けた連携パートナー探索のプラットフォーム

アクセス[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ 「ナゴヤ イノベーターズ ガレージ」オープニングイベントを開催(7/8)” (日本語). 一般社団法人中部経済連合会 (2019年7月8日). 2022年11月23日閲覧。
  2. ^ 名古屋市:ナゴヤイノベーターズガレージ(事業向け情報)”. www.city.nagoya.jp. 2022年11月23日閲覧。
  3. ^ NAGOYA INNOVATOR'S GARAGE | Projects” (日本語). DRAFT Inc.. 2022年11月23日閲覧。
  4. ^ NSN編集部 (2019年6月21日). “「NAGOYA INNOVATOR’S GARAGE」の会員募集を開始 | Nagoya Startup News” (日本語). nagoyastartupnews.jp. 2022年11月23日閲覧。
  5. ^ NSN編集部 (2021年3月19日). “「STARTUP GUIDE NAGOYA(スタートアップガイドナゴヤ)」の発行が決定 |3月26日に発行記念イベントを開催 | Nagoya Startup News” (日本語). nagoyastartupnews.jp. 2022年11月24日閲覧。
  6. ^ 「STARTUP GUIDE NAGOYA」を発行。ローンチイベントを開催 | 最新情報・関連情報” (日本語). NAGOYA EVOLVES - 名古屋スタートアップ推進ポータルサイト. 2022年11月24日閲覧。
  7. ^ Startup Guide”. startupguide.com. 2022年11月24日閲覧。
  8. ^ Nagoya Innovatorʼs Garage Annex がナディアパーク3階にOPEN! (7/8)|一般社団法人 中部経済連合会” (日本語). Chukeiren Renew. 2022年11月22日閲覧。