トリテン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

トリテンは、よしもとクリエイティブ・エージェンシー東京に所属する日本お笑いコンビ

略歴[編集]

高校の同級生だった奥口ゆうやと一徹により、2006年にコンビ結成。高校2年時に吉本興業主催のM-1甲子園2006に出場。九州予選優勝を経て、九州代表として全国大会に出場し、なんばグランド花月の舞台に立つ。高校卒業後、2008年に福岡よしもとのオーディションに優勝し、福岡吉本19期生(東京NSC13期生扱い)として所属。

コンビ仲は非常に良く、福岡よしもとでは若手のエース格として舞台を中心に活動し、7年間の福岡における活動を経て、2015年1月末日にあるあるYY劇場での「トリテン送別会~今日20時35分小倉発の高速バスで上京します~」ライブを最後に上京。

現在は、渋谷ヨシモト∞ホールを中心に活動中。ヨシモト∞ホールにて月曜から夜ふかし関ジャニ∞ものまねユニット「∞から夜ふかし」(あかんジャニ∞)というユニットでも活動中。

メンバー[編集]

おくぐちバドミントン(おくぐち ばどみんとん、1989年5月9日 - )大分県佐伯市出身。本名・旧芸名は奥口裕也

  • ツッコミ担当、立ち位置は向かって右。
  • A型、身長170cm、体重63kg。
  • 通称「奥ちゃん」。
  • やや高い声質と、少年アイドルのような甘い顔立ちが特徴。
  • 大の甘党である。
  • しっかりした性格の持ち主だと評されることが多い。
  • 関ジャニ∞の大ファンであり、Twitterでも度々関ジャニ∞の話題をツイートしており、将来の目標は関ジャニ∞との共演と明言している。
  • バドミントンを得意としており、博多区ダブルス優勝、大分県シングルスベスト8の経歴をもつ。
  • 2019年1月13日のトリテン東京初単独ライブ『おくぐち』をもって芸名をおくぐちバドミントンに変更。

一徹(いってつ、1989年5月23日 - )大分県佐伯市出身。本名は藤田一徹

  • ボケ担当。立ち位置は向かって左。
  • A型、身長183cm、体重123kg。
  • 巨漢で非常に強烈なルックスの持ち主。つかみとして「チャオ!」と決めポーズをとり、その気持ち悪さに相方が客席に気を遣うというくだりがある。
  • 人をイライラさせることが特技。そのダメ人間ぶりを相方のブログで暴露されることが多く、最近では遊び仲間で先輩でもあるウーマンラッシュアワーの村本大輔も自身のラジオ番組で彼のエピソードを語ることが多々ある。
  • バイトもネタ作りもせず、親からの月20万の仕送りで生活していることを相方から暴露されていた。
  • 2015年1月に上京するも、そのタイミングでようやく新居の契約を行ったため、すぐの入居は叶わなかった。お金がないのでヒッチハイクで一時的に福岡に帰るものの、大々的に見送られた直後のため福岡の知人にはこのことを伝えず、ほぼ極秘の出戻りであった。[1]
  • 福岡よしもとでの最後のライブの開演時間を間違え、後輩と100円均一で買い物をしていた為、ライブに遅刻し最後のネタにも関わらず、相方が1人でネタを披露した。
  • 二重整形をしている。

特徴[編集]

主に漫才を行っている。漫才中に歌やリズムをうまく使ったネタが多い。

その他に、一徹がマツコ・デラックス、奥口が村上信五関ジャニ∞)に扮して、『月曜から夜ふかし』(日本テレビ)のモノマネをすることもある。その際は番組に合わせて立ち位置を逆にしている。

出演番組[編集]

テレビ[編集]

[ヘルプ]

脚注

外部リンク[編集]