湯唯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
タン・ウェイから転送)
移動先: 案内検索
湯唯
タン・ウェイ
Tang Wei in Seoul 2011.jpg
2011年2月10日、ソウルにて
プロフィール
出生: (1979-10-07) 1979年10月7日(37歳)
出身地: 中華人民共和国の旗 中国 浙江省楽清市
職業: 女優
各種表記
繁体字 湯唯
簡体字 汤唯
拼音 Tāng Wéi
テンプレートを表示

湯 唯タン・ウェイ、Tang Wei)は中国浙江省楽清市出身の女優で、歌手でもある。身長172㎝。

略歴[編集]

2000年に中央戯劇学院監督科に入学、2004年に同校を卒業。同年ミスワールド北京大会で5位。

何本かのテレビドラマや舞台などに出演した後、アン・リー監督の映画『ラスト、コーション』(2007年公開)のオーディションで約1万人の中から主演に選ばれ、政府高官の命を狙う女スパイ役で出演、過激な性描写(アメリカではNC-17に指定、中国やシンガポールでは性愛シーンが大幅にカットされた)に挑んだことで大きな話題となり、一躍注目の存在となった。台湾版アカデミー賞である第44回台湾金馬賞(金馬奨)で最優秀新人賞を獲得。

2008年3月、湯唯が出演するテレビCMなどが国家放送映画テレビ総局の指示で放映禁止になったと噂された[1]。理由は明確にされていないが、『ラスト、コーション』で演じたヒロインが戦時中日本の協力者と見なされた漢奸を愛するようになる役柄であることや前述の性描写の件もあり、漢奸を美化し「愛国烈士」を侮辱する象徴として中国国内のネット上では批判されていた。

同年香港行政府が定める「優秀人材入境計画」により香港市民権を獲得[2]。2011年公開の中国映画『建党伟业』で毛沢東の初恋の相手・陶毅を演じたが、出演シーンを全てカットされた。しかし同年には中華圏向けマックスファクターSK-IIのCMに起用されるとともに[3]ピーター・チャン監督の香港中国合作映画『捜査官X』においてドニー・イェンの妻アユー役で出演している。

その後の2013年にはラブコメディ『北京遇上西雅圖(原題)』が中国大陸で5億元を超えるヒット。続く主演作品として2014年に公開されたアン・ホイ監督の『黄金時代』が第34回香港電影金像奨で作品賞を受賞。タン・ウェイ自身も2015年度の香港電影導演會年度頒獎禮[4]や第2回英國倫敦國際華語電影節[5]において主演女優賞を獲得している。

2015年にはクリス・ヘムズワースの恋人役として出演したマイケル・マン監督の『ブラックハット』でハリウッドに進出。また私生活では、『レイトオータム』の撮影を通じて出会った韓国のキム・テヨン監督と2014年7月12日スウェーデン・フォーレ島のベルイマン・ハウスで結婚式を挙げ[6]、2016年には第一子女児を出産した。

出演作品[編集]

映画[編集]

TVドラマ[編集]

  • 中國女足(1998)
  • 警花燕子(2004)
  • 红旗渠的儿女们(2004)
  • 兄弟如手足(2005)
  • 后海前街(2005)
  • 情牵那拉提(2005)
  • 生于六十年代(2006)
  • 女人不哭(2007)

脚注[編集]

  1. ^ 「日本軍」がらみで歴史の歪曲?当局がタン・ウェイの出演CM差し止めか”. Record China. 2015年1月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年3月7日閲覧。
  2. ^ 女優活動再開?タン・ウェイが香港の居住資格取得 2008年9月2日サーチナ
  3. ^ 映画界“封殺”のタン・ウェイ、「役者は演技だけ」不幸はすでに過去”. Record China. 2015年1月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年6月10日閲覧。
  4. ^ 《黄金时代》成为2015年香港导演协会最大赢家”. 腾讯娱乐. 2015年1月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月18日閲覧。
  5. ^ 倫敦華語電影節 湯唯稱后 家輝憑《激戰》七度封帝”. 頭條日報. 2015年1月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年12月8日閲覧。
  6. ^ キム・テヨン監督&タン・ウェイ、香港での結婚式写真公開!!愛と尊敬をもってお互いの手を握り一緒に…”. k-plaza.com. 2015年1月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月21日閲覧。

外部リンク[編集]