ムン・ソリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ムン・ソリ
문소리
문소리
生年月日 (1974-07-02) 1974年7月2日(43歳)
出生地 大韓民国の旗 韓国プサン広域市[1]
身長 164cm[1]
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1999年[1] -
配偶者 チャン・ジュンファン[1]
主な作品
オアシス (2002年)
受賞
マルチェロ・マストロヤンニ賞 (2002年)
青龍映画賞新人賞 (2002年)
Golden Space Needle Award (2003年)
大鐘賞 (2004年)
ムン・ソリ
各種表記
ハングル 문소리
漢字 文素利
発音: ムン・ソリ
ローマ字 Moon So-ri
テンプレートを表示

ムン・ソリ(1974年7月2日[1] - )は、韓国女優である。成均館大学・教育学科卒業(1993年入学)。

概要[編集]

イ・チャンドン監督の映画ペパーミント・キャンディー』(1999年)で、ソル・ギョングの相手役としてデビューを果たした。彼女の演技は、ヴェネツィア国際映画祭で喝采を浴びることとなった。

次に出演したイ・チャンドン監督の映画『オアシス』では、同じくソル・ギョングの相手役となる脳性麻痺のヒロインを演じた。実際に彼女は医学的リハビリテーションを専攻し、そのリハビリセンターで働いた。彼女は監督の求めに応じてその経験を演技に反映させ、映画のスクリーン上で素晴らしい演技を見せた。2002年第59回ヴェネツィア国際映画祭で新人俳優賞であるマルチェロ・マストロヤンニ賞を獲得し、韓国国内でも第23回青龍映画賞新人賞を受賞した。ヴェネツィア国際映画祭での韓国女優の受賞は、1987年カン・スヨン以来であり史上2人目。2003年には、『オアシス』の演技でシアトル国際映画祭Golden Space Needle Awardを受賞した。

2004年には、『浮気な家族』の浮気妻の演技で大鐘賞を獲得した。

2007年テレビ放送された『太王四神記』がテレビドラマ初出演作で、主人公の恋人役でのちに敵対する難しい役どころを演じた。ドラマ撮影中の2006年12月24日には、映画監督のチャン・ジュンファンと結婚している。

出演作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

受賞経歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 인물정보(人物情報) NAVER(韓国語) 2011年6月28日閲覧。

外部リンク[編集]