シリフリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シリフリ
メンバー 原リベロ
松丸ホルモン
結成年 2010年
解散年 2014年11月12日
事務所 ワタナベエンターテインメント
活動時期 2010年4月 - 2014年11月
出身 ワタナベコメディスクール11期生
出会い ワタナベコメディスクール
旧コンビ名 劇団シリフリ
現在の活動状況 ライブ、テレビ
芸種 コント漫才
過去の代表番組 まちドラ〜東京OL処世術〜
バチバチエレキテる
同期 志々雄・桂、石井てる美雷鳥デルピエロ、ミクロくらっしゅ、ふるやいなや(スーパーニュウニュウ)他
公式サイト プロフィール
テンプレートを表示

シリフリは、かつてワタナベエンターテインメントに所属していた女性お笑いコンビ

略歴・概説[編集]

2010年4月結成。ワタナベコメディスクールに11期生として在籍(2009年10月入学、2010年9月卒業)。この後、ワタナベエンターテインメント所属となる。

コント漫才ともに演じており、松丸の体型を生かしたりいじったりするネタなどがある。松丸はビキニ姿でネタを演じることもよくあり、後姿を向けて尻を叩き「はさまれたいんだろ!」「かかってらっしゃい!」などとセリフを発することもある。リズムネタでは、2人のキャラクターを生かして“可愛い子のあるある”と“おデブのあるある”をネタにし、『東京ブギウギ』の替え歌に乗せて歌う「私あるある」のネタがある(『ワラリズム』で演じている)[1]

「リベロ」「ホルモン」のメンバーの芸名は、同じ事務所の先輩のTIMゴルゴ松本が名付けた[2]。原はバレーボールをやっていたから「リベロ」で、松丸は最初、ホルモン好きの原が「(ホルモンが)松丸っぽい」と思ったことから「ホルモン松丸」という芸名案を考え出し、それを聞いたゴルゴが「松丸ホルモンの方がいい」ということで決まった[3]

2013年4月7日、コンビ名を「劇団シリフリ」から劇団を取って「シリフリ」に改名したことをブログで発表した[4]

2014年8月3日、初単独ライブ『挟まれたいやつ出ておいで ~尻ーズ1~』(東京・しもきた空間リバティ)を行った[5]

2014年11月12日放送のバチバチエレキテるZer0ゼロテレビ)にて、コンビ解散を発表した[6][7]

メンバー[編集]

出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

シリフリ解散後の松丸のみの出演については、松丸ほるもん#出演の節を参照。

脚注[編集]

  1. ^ TVでた蔵「ワラリズム・シリフリ」より。
  2. ^ a b フジテレビ「ロケットライブ」オフィシャルホームページより。
  3. ^ シリフリインタビュー”. バチバチエレキテる. フジテレビ (2013年7月22日). 2016年10月28日閲覧。
  4. ^ 浅どうでもいい話 2013年4月7日
  5. ^ 単独タイトル決定しました!”. 浅どうでもいい話 (2014年5月31日). 2016年1月11日閲覧。
  6. ^ フジテレビ「バチバチエレキテる」オフィシャルページより。
  7. ^ a b シリフリが解散を発表、松丸はピン芸人として再スタート&原は女社長に”. お笑いナタリー (2014年11月13日). 2014年11月19日閲覧。
  8. ^ 原 由梨瑛facebook(2016年10月28日閲覧)より。
  9. ^ a b WE!マイページ:劇団シリフリより(2012年12月31日閲覧)。
  10. ^ ワタナベエンターテインメント『資格一覧』より(2014年11月18日閲覧)。
  11. ^ a b c d 劇団尻ケツ烈!”. 浅どうでもいい話 (2014年11月15日). 2016年1月11日閲覧。
  12. ^ ワタナベコメディスクールサイト内「今、最も熱い!注目の卒業お笑い芸人近況直撃対談」より。
  13. ^ 最新時事ネタニュースを速報で知らせ隊より。
  14. ^ a b SANSPO.COM 2013年2月14日 お笑い界のカトパン・原リベロ、グラビア初挑戦
  15. ^ TVでた蔵「2013年4月14日放送 日本テレビ 有吉反省会」”. ワイヤーアクション (2013年4月14日). 2016年1月8日閲覧。
  16. ^ 原代表取締役twitter 2016年9月23日(2016年10月28日閲覧)
  17. ^ a b 松丸実希子facebook(2016年10月28日閲覧)より。

外部リンク[編集]