松丸ほるもん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
松丸 ほるもん
Matsumaru Hormon 2017-06-10.jpg
松丸ほるもん(2017年6月)
本名 松丸 実希子(まつまる みきこ)
生年月日 (1986-05-14) 1986年5月14日(33歳)
出身地 千葉県柏市
血液型 B型
身長 158cm
言語 日本語
最終学歴 千葉県立松戸馬橋高等学校
出身 ワタナベコメディスクール11期生
コンビ名 まんぷくフーフー
シリフリ(解散)
相方 マービンJr.
原リベロ(元相方)
事務所 ワタナベエンターテインメント
活動時期 2010年 -
同期 石井てる美デルピエロ雷鳥、ふるやいなや(スーパーニュウニュウ
現在の代表番組 有田ジェネレーション
配偶者 マービンJr.(夫)
公式サイト まんぷくフーフー 公式プロフィール

松丸 ほるもん(まつまる ほるもん、1986年5月14日 - )は、日本お笑いタレントワタナベエンターテインメント所属。現・お笑いコンビ・まんぷくフーフーのメンバーで、かつてはお笑いコンビ・シリフリのメンバーだった。

本名・松丸 実希子(まつまる みきこ)。千葉県柏市出身[1]

略歴・人物[編集]

身長158cm、B100cm、W100cm、H102cm(2012年当時)[2]。血液型B型。

千葉県立松戸馬橋高等学校卒業[1]

スキューバダイビングライセンスの資格を持っている[3]

小学生低学年の頃にテレビで視たネプチューンに衝撃を受け、ネプチューンに会いたいと将来芸人になると思い始め、入る事務所もワタナベエンターテインメントと決めていたが、高校を卒業する頃に女芸人になること恥ずかしく思い始めたということから、俳優の養成所に入り[4]、芸人になる前は女優の卵として活動[5]。養成所卒業後に受けた映画『歌謡曲だよ、人生は』(2007年)のオーディションに合格、「第4話 ラブユー東京」に出演[6]。しかしここでの役柄が原始人役だったということがショックで女優を断念[4]。その後オーストラリアパースに留学するも、生活資金が4か月で尽き、親に仕送りを頼んだら逆に叱られて帰国を促され、帰国[4]。帰国後しばらくはフリーターをしていたが、ある日にインターネットでワタナベコメディスクールの募集広告を見付けて元々お笑い志望だったことを思い出し、ワタナベコメディスクールに11期生として入学[7]

ネプチューンの他に、尊敬している芸人は志村けん[8]

同じワタナベエンターテインメント所属の芸人・マービンJr.と付き合っており(2012年11月12日深夜放送の『芸人報道』(日本テレビ)でも紹介された[9])、婚約もしている(2017年1月時点)[7]

シリフリ解散後はピン芸人に転向[10]2015年当時は、ピン芸人の中村涼子とユニットを組んで出演することがあり、このユニットは同年4月16日の『NEWCOMER FRIDAYNIGHT』(表参道GROUND、1分間ゴングショーのライブ)において5連覇を達成した[11]2015年4月25日放送の『前略、西東さん』(中京テレビ)では、この二人で「中村ホルモン」として出演した[12]他、同年のキングオブコント(「中村涼子&松丸ホルモン」として[13])、M-1グランプリ(「中村ホルモン」として)にもこのコンビで出場(この年のM-1は3回戦まで進出[14])。2016年1月7日には、中村・松丸のユニット単独ライブ『友達以上、相方未満。』(東京・新宿ハイジアV-1)を行った[15]

「シリフリ」時代はビキニ姿でネタを演じることもよくあり、後姿を向けて尻を叩き「はさまれたいんだろ!」[16]「かかってらっしゃい!」などとセリフを発することもあった。ピンになってからは女を武器にしてお色気を出して演じる「少子化対策ギャグ」などのネタを持っている[4][17]

この芸名は、シリフリの時の相方・原リベロが「ホルモン松丸」という芸名案を考え出したのが最初で、ホルモン好きの原が「(ホルモンが)松丸っぽい」と思ったからとのこと。この芸名を事務所の先輩のTIMゴルゴ松本の前で名乗ったところ「松丸ホルモンの方がいい」ということで現在の芸名が決まった[18]。なお、ピン芸人に転向してからも芸名は引き続き「松丸ホルモン」だったが、後に平仮名表記の「松丸ほるもん」に改めている[17]。2016年末頃から、マービンJr.とコンビを結成して活動。最初コンビ名は「スタミナ苑」、のちに現在の「まんぷくフーフー」に改名している[7]。その後2018年8月5日、付き合ってちょうど8年になる日にマービンと入籍[19]

出演[編集]

テレビ[編集]

映画[編集]

Web配信[編集]

  • マシェバラ everyday!

ミュージック・ビデオ[編集]

まんぷくフーフーとしての出演については、まんぷくフーフー#出演の節を参照。
シリフリ時代の出演については、シリフリ#出演の節を参照。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 松丸実希子facebook(2016年10月28日閲覧)より。
  2. ^ WE!マイページ:劇団シリフリ(2012年12月31日閲覧)
  3. ^ ワタナベエンターテインメント『資格一覧』(2014年11月18日閲覧)
  4. ^ a b c d 【ビッくらぼんの365日・芸人日記(265)】日本の少子化に一石を投じる女芸人、松丸ほるもん(1/2)”. サンケイスポーツ (2017年1月31日). 2017年1月31日閲覧。
  5. ^ ワタナベコメディスクールサイト内「今、最も熱い!注目の卒業お笑い芸人近況直撃対談」より。
  6. ^ 歌謡曲だよ、人生は - ALTAMIRA PICTURES - アルタミラピクチャーズ
  7. ^ a b c 【ビッくらぼんの365日・芸人日記(265)】日本の少子化に一石を投じる女芸人、松丸ほるもん(2/2)”. サンケイスポーツ (2017年1月31日). 2017年1月31日閲覧。
  8. ^ 「ガー!ガー!!ガー!!!×RADIO」公式サイト(2013年7月2日)より。
  9. ^ 価格.com テレビ紹介情報「芸人報道 2012年11月13日放送内容より。
  10. ^ シリフリが解散を発表、松丸はピン芸人として再スタート&原は女社長に”. お笑いナタリー (2014年11月13日). 2014年11月19日閲覧。
  11. ^ ワタナベお笑い公式twitter(2015年4月16日)
  12. ^ エレジョンとオジオズがコラボギャグ漫才「西東さん」動画配信も開始”. お笑いナタリー (2015年4月22日). 2015年4月28日閲覧。
  13. ^ キングオブコント2015「7月25日(土) シアターブラッツ(東京)出場者」
  14. ^ M-1グランプリ2015「コンビ情報詳細 中村ホルモン」
  15. ^ 松丸ホルモンtwitter(2016年1月6日 )
  16. ^ 相模原市長代理に「挟まれたいんだろ!」をサービスするシリフリ松丸ホルモン。”. お笑いナタリー. 2016年10月28日閲覧。
  17. ^ a b 有田ジェネレーション 2016年10月27日放送回”. gooテレビ (2016年10月27日). 2016年10月28日閲覧。
  18. ^ シリフリインタビュー”. バチバチエレキテる. フジテレビ (2013年7月22日). 2016年10月28日閲覧。
  19. ^ 「まんぷくフーフー」カップルコンビから夫婦コンビに「本当に入籍してきました」”. スポーツ報知 (2018年8月5日). 2018年8月9日閲覧。

外部リンク[編集]