グレッグ・バード (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
グレッグ・バード
Greg Bird
ニューヨーク・ヤンキース #33
Greg Bird in 2017 (36198285674).jpg
2017年9月4日
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 テネシー州メンフィス
生年月日 (1992-11-09) 1992年11月9日(25歳)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
220 lb =約99.8 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 一塁手
プロ入り 2011年 ドラフト5巡目(全体179位)でニューヨーク・ヤンキースから指名
初出場 2015年8月13日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

グレゴリー・ポール・バードGregory Paul Bird , 1992年11月9日 - )は、アメリカ合衆国テネシー州メンフィスコロラド州オーロラ育ち)出身のプロ野球選手一塁手)。右投左打。MLBニューヨーク・ヤンキースに所属。

経歴[編集]

2011年MLBドラフトニューヨーク・ヤンキースから5巡目(全体179位)指名され[1]アーカンソー大学に進学する事が決まっていたがヤンキースと契約を結びプロ入りした[2]捕手としての入団だったが、プロ入り後に、一塁手コンバートしている[3]。この年は、傘下のルーキー級ガルフ・コーストリーグ・ヤンキースで4試合に出場した。

2012年は、ルーキー級ガルフ・コーストリーグ・ヤンキースで17試合に出場した後、A-級スタテンアイランド・ヤンキースに昇格したが、怪我で11試合にしか出場できなかった。

2013年は、A級チャールストン・リバードッグスで130試合に出場した。この年はヤンキースの最優秀マイナー選手に贈られる「ケビン・ローン賞」を受賞した[4]

2014年は、A+級タンパ・ヤンキースで開幕を迎えた。8月2日にAA級トレントン・サンダーに昇格した[5]。オフには、アリゾナ・フォールリーグスコッツデール・スコーピオンズに派遣された。6本塁打を記録するなど活躍し、この年のアリゾナ・フォールリーグMVPを受賞した[6]

2015年は、AA級トレントンで開幕を迎えた後、AAA級スクラントン・ウィルクスバリ・レイルライダースを経て8月13日にメジャー初昇格を果たし、25人枠入りした[7]。同日のクリーブランド・インディアンス戦で7番・一塁手として先発起用され、5打数無安打だった。以後、主砲のマーク・ティシェイラが故障で離脱した事もあり、ファーストのレギュラーとして出番を得た。レギュラーシーズンでは46試合に出場し、打率.261、11本塁打をマークした。

2016年は、右肩を故障して手術を受けたため[8]、シーズンを全休した。

2018年は、自己最多の82試合に出場したが、打率.199、11本塁打、38打点に留まった。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2015 NYY 46 178 157 26 41 9 0 11 83 31 0 0 0 1 19 0 1 53 1 .261 .343 .529 .871
2017 48 170 147 20 28 7 0 9 62 28 0 0 0 2 19 0 2 42 2 .190 .288 .422 .710
2018 82 311 272 23 54 16 1 11 105 38 0 0 0 4 30 1 5 78 4 .199 .286 .386 .672
MLB:3年 176 659 576 69 123 32 1 31 250 97 0 0 0 7 68 1 8 173 7 .214 .302 .434 .736
  • 2018年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



一塁(1B)












2015 NYY 46 376 24 1 33 .998
2017 46 302 12 0 20 1.000
2018 74 503 37 2 37 .996
通算 166 1181 73 3 90 .998
  • 2018年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 31 (2015年)
  • 33 (2017年 - )

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]