クリス・アギーラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クリス・アギーラ
Chris Aguila
SH-Christopher-Aguila.jpg
ソフトバンク時代(2009年7月16日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州レッドウッドシティ
生年月日 1979年2月23日(35歳)
身長
体重
5' 11" =約180.3 cm
180 lb =約81.6 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
初出場 MLB / 2004年6月28日
NPB / 2009年4月3日
最終出場 NPB / 2009年5月20日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

クリストファー・ルイス・アギーラChristopher Louis Aguila, 1979年2月23日 - )は、プロ野球選手外野手)。アメリカ合衆国カリフォルニア州レッドウッドシティ出身。右投右打。

来歴・人物[編集]

米国時代[編集]

高校時代はリノにあるマックイーン高校でプレーし、同校の1シーズン最多本塁打記録を作った。3年時には高校の全米ファーストチームの指名打者に選出された[1]

1997年のドラフト3巡目でフロリダ・マーリンズから三塁手として指名される[2]。入団当初は若手有望株と期待されていたが、2シーズンをルーキーリーグ、2シーズン半を1Aで過ごすことになった。1999年途中には外野手にコンバートされた[1]。プロ入りして5シーズン目となった2001年は2Aのポートランド・シードッグスでプレーし、64試合で打率.257という成績だった。2002年も引き続きポートランドでプレーし、打率.294という結果だった。2003年はマーリンズが提携先を変えたため、引き続き2Aの所属となったもののチームはカロライナ・マッドキャッツに変更。この年は93試合で打率.320という結果を残し、実力を証明したアギーラは翌年の2004年にはマーリンズの春季キャンプに招待された。

アギーラは2004年の開幕メジャー入りは逃したものの、監督のジャック・マキーオンに印象を与えることになった。3Aのアルバカーキでは打率.312を残し、マーリンズでメジャー昇格を果たす。この年は29試合の出場にとどまったものの、2005年は開幕メジャー入りを果たした。

2005年のアギーラはミゲル・カブレラフアン・ピエールフアン・エンカルナシオンジェフ・コーナインに続く5番手の外野手としてプレー、しかし主な役割は代打となった。始めの2か月ではわずか16打数しか立てず、5月27日には3Aに降格した。3Aアルバカーキでは正中堅手として起用され、35試合で打率.351・7本塁打・25打点と活躍し、7月7日にはジョシュ・ウィリンガムが故障者リスト入りしたことに伴いメジャーへ復帰した。この年の残りはマーリンズでプレーしたものの、引き続き代打としての起用が主で先発出場は12試合に終わり、そのほとんどが怪我のエンカルナシオンの代役としてのものだった。結局78打数で打率.244、本塁打ゼロ、4打点という結果でシーズンを終えたアギーラはこのオフはドミニカウインターリーグでプレーをした[3].。

アギーラは2006年により多くの出場機会が与えられる予兆がいくつかあった。2005年シーズンの終わり頃、A.J.バーネットは監督のジャック・マキーオンに対し、いくつかの理由で批判した。その一つとしてマキーオンはアギーラ、ウィリンガム、そしてジェレミー・ハーミダのようなマイナーで既に実力を証明している若手ではなく、衰えを見せているベテランを重用していることをあげた。またエンカルナシオンがフリーエージェントで移籍し、ピエールがシカゴ・カブスへトレードされたこともアギーラが2006年のマーリンズで正外野手として起用される後押しとなった。さらにマキーオンは2005年シーズン終了後に監督勇退を表明し、その後任としてジョー・ジラルディが就任した。

アギーラは2006年も開幕メジャー入りを果たした。ハーミダが控えの間、マーリンズがジョー・ボーチャードと契約するまでは右翼手として出場。ボーチャードと契約後はエリック・リードレジー・アバークロンビーと中堅手を争うことになった(ウィリンガムは時々捕手として出場したものの、ほとんどは左翼手として出場)。リードは35打数4安打と不調だったために3Aへ降格したものの、その間にアバークロンビーは11試合連続安打を放ち、アギーラは出場機会を奪われ、5月3日以降の16試合で先発はわずか3試合だった。5月26日にはシンシナティ・レッズからコーディ・ロスをトレードで獲得、そのためアギーラは3Aへ降格することになった。3Aアルバカーキでは打率.383(47打数18安打)・1本塁打・13得点を記録し、ウィリンガムが故障者リスト入りしたためにマーリンズへ昇格した。その後再び3Aに降格したがマイナーのシーズン終了後は再び昇格し、8試合で9打数3安打という内容だった[4]。先発出場は1試合も無かったものの、フィラデルフィア・フィリーズ戦では二塁打を含む3打数2安打と活躍し、このシーズン最後の勝利に貢献した[5]

2006年10月13日、マーリンズはアギーラのメジャー契約を解除した[6]12月10日ピッツバーグ・パイレーツとキャンプ招待選手としてマイナー契約を結んだ[7]。しかし開幕メジャー入りは果たせず、この年は3Aのインディアナポリス・インディアンズで過ごすことになった[8]2008年は3月にニューヨーク・メッツとマイナー契約し[9]、3Aのニューオーリンズ・ゼファーズでプレーした。6月11日エイブラハム・ヌニェスが戦力外になったことに伴い、メジャー昇格。しかし3試合に出場しただけで戦力外となった。再びメジャー昇格するものの、7月11日にまたも戦力外となり、7月15日にはそのまま3Aに降格した。シーズン終了後にフリーエージェントとなり、11月23日福岡ソフトバンクホークスがアギーラの獲得を発表した[10]

日本時代[編集]

2009年2月5日、春季キャンプを張っていたチームに合流し、同日に入団会見も行った。キャンプでは走攻守3拍子揃ったところを見せて首脳陣から大きく期待され、その後右膝を痛めてやや出遅れたが、オープン戦終盤に2本塁打を打つなど、シーズンに向けて調子を上げているかに見えた。

ところが、シーズンに入ると極度の打撃不振に陥り、松田宣浩が離脱して固定できていなかった3番に入る試合もあったが、全く結果を残せずに4月17日に2軍落ち。その後、前年まで千葉ロッテマリーンズに在籍していたホセ・オーティズが加入し一旦外国人枠は埋まったが(この年のソフトバンクの外国人枠は基本的に投手3・野手1である)、アギーラが2軍で好成績を残したこと、開幕当初先発ローテーションに入っていたキャメロン・ローが2軍落ちして枠が1つ空いたことに伴い、5月15日に再昇格した。

だが、ここでも4試合でわずか1安打と不振で、5月21日に再度登録抹消。その後はジャスティン・ジャマーノがローテ入りしたこともあって1軍昇格がないまま、8月31日に帰国し12月2日限りで退団が決まった[11]

米球界復帰[編集]

ソフトバンクを退団後、トロント・ブルージェイズとマイナー契約した。その後、2012年までマイアミ・マーリンズ傘下のマイナーリーグでプレーしていた。

イタリア時代[編集]

2013年は、イタリアンベースボールリーグフォルティチュード・ボローニャでプレーしていたが[12]6月10日に解雇された[13]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2004 FLA 29 48 45 10 10 2 1 3 23 5 0 0 1 0 2 0 0 12 0 .222 .255 .511 .766
2005 65 81 78 11 19 3 0 0 22 4 0 1 0 0 3 0 0 19 0 .244 .272 .282 .554
2006 47 104 95 5 22 8 1 0 32 7 2 1 0 0 9 1 0 26 2 .232 .298 .337 .635
2008 NYM 8 15 12 0 2 0 0 0 2 0 0 0 1 0 2 0 0 4 1 .167 .286 .167 .452
2009 ソフトバンク 14 48 42 0 4 0 0 0 4 0 0 0 0 0 6 0 0 16 3 .095 .208 .095 .304
MLB:4年 149 248 230 26 53 13 2 3 79 16 2 2 2 0 16 1 0 61 3 .230 .280 .343 .624
NPB:1年 14 48 42 0 4 0 0 0 4 0 0 0 0 0 6 0 0 16 3 .095 .208 .095 .304
  • 2010年度シーズン終了時

記録[編集]

NPB

背番号[編集]

  • 3 (2004年 - 2006年)
  • 29 (2008年)
  • 4 (2009年、2013年)

脚注[編集]

  1. ^ a b The Baseball Cube”. Chris Aguila Statistics. 2008年7月7日閲覧。
  2. ^ MLB.com”. 1997 First-Year Player Draft: June Regular Phase. 2008年7月7日閲覧。
  3. ^ Florida Marlins: The Official Site”. Marlins active in winter ball. 2006年12月13日閲覧。
  4. ^ Florida Marlins: The Official Site”. Chris Aguila: Game by Game Log. 2006年12月13日閲覧。
  5. ^ Florida Marlins: The Official Site”. Marlins walk off with win. 2006年12月13日閲覧。
  6. ^ Florida Marlins: The Official Site”. Marlins part ways with Aguila. 2006年12月13日閲覧。
  7. ^ South Florida Sun-Sentinel”. Berardino: Ripken takes the fifth on Big Mac: Ex-Orioles star senses steroids issue will mar Hall selections. 2006年12月13日閲覧。
  8. ^ Minor League Baseball”. Indianapolis Indians roster. 2007年3月24日閲覧。
  9. ^ New Orleans Zephyrs”. Zephyrs Roster. 2008年3月7日閲覧。
  10. ^ クリス アギーラ選手 入団のお知らせ”. 福岡ソフトバンクホークス・オフィシャルサイト. 2008年11月24日閲覧。
  11. ^ ジャマーノら今季限り スポーツナビ
  12. ^ Team Roster チーム公式サイト
  13. ^ [1]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]