イギリス鉄道801形電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
クラス801電車から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
イギリス鉄道801形電車
「スーパー・エクスプレス」
公式イラスト
公式イラスト
基本情報
運用者 ヴァージン・トレインズ・イースト・コースト
製造所 日立製作所ニュートン・エイクリフ工場
製造年 2017年 -
製造数 9両編成51本
5両編成12本
運用開始 2018年予定
投入先 東海岸本線
主要諸元
編成 5両・9両編成
軌間 1,435 mm
電気方式 交流25kV 架空電車線方式
最高運転速度 201 km/h
設計最高速度 225 km/h
長さ 26 m
車体 アルミニウム合金
保安装置 AWS, TPWS, ETCS
テンプレートを表示

801形(Class 801、クラス801)、通称「スーパー・エクスプレス」(Super Express)は、イギリス都市間高速鉄道計画の一環として製造された高速鉄道車両である。製造は日立製作所で、A-trainの車体構造を採用した電車である。バイモード車800形(クラス800)と同じく、2015年に新設したニュートン・エイクリフ英語版の車両工場で生産される[1]

背景と設計[編集]

イギリス政府の都市間高速鉄道計画の一環として、現在グレート・ウェスタン本線東海岸本線で運用されているインターシティー125インターシティー225を置き換える[2]バイモード車の800形に対し、801形は電化区間のみを自走可能な電車となっている。800形の床下に設置されたエンジンを取り外すことで、電気だけの運用に変更できるように設計されている。

東海岸本線系統にはヴァージン・トレインズ・イースト・コースト向けに9両編成30本と5両編成12本が投入される。グレート・ウェスタン本線系統にはグレート・ウェスタン・レールウェイ(GWR)向けに9両編成21本を導入予定であったが、電化工事の遅れの影響により2016年にバイモード車の800形への変更が発表された[3]

車両の概要[編集]

形式 運行会社 編成 製造年
801形 ヴァージン・トレインズ・イースト・コースト 9両編成30本
5両編成12本
-
グレート・ウェスタン・レールウェイ 9両編成21本

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]