キーガン・メッシング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
キーガン・メッシング
Keegan Messing
Figure skating pictogram.svg
2018 Skate Canada - Keegan Messing - FS.jpg
選手情報
生年月日 (1992-01-23) 1992年1月23日(30歳)
代表国 カナダの旗 カナダ
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出生地 アメリカ合衆国 ガートウッド
居住 アンカレッジ
身長 165 cm
体重 63 キログラム
コーチ ラルフ・ブルクハルト
元コーチ Gary Irving
Anne Durham
振付師 Lance Vipond
元振付師 Douglas Webster
Rory Flack
Stephanie Grosscup
所属クラブ アラスカフィギュアスケート協会
練習拠点 アンカレッジ
開始 1995
ISUサイト バイオグラフィ
ISU パーソナルベストスコア
合計スコア 270.26 2021 世界選手権
ショート 96.34 2019 GPスケートアメリカ
フリー 179.43 2019 四大陸選手権
■テンプレート ■選手一覧 ■ポータル ■プロジェクト

キーガン・メッシング英語: Keegan Messing, 1992年1月23日 - )は、アメリカ合衆国アラスカ州ガートウッド出身、カナダフィギュアスケート選手(男子シングル)。2018年平昌五輪2022年北京五輪カナダ代表。 高祖父はカナダへの日本移民第一号永野万蔵

人物[編集]

2018年10月、2年半交際した女性と婚約[1]。2019年8月3日にアンカレッジで挙式をした[2]

経歴[編集]

初期[編集]

エルビス・ストイコを見たことをきっかけに、3歳でスケートを始めた。

ジュニア時代[編集]

2007-2008シーズンからジュニアグランプリシリーズに参戦した。

2010年世界ジュニア選手権ではSP2位からFS4位と後退し、メダルは逃した。

2010-2011シーズン、ブラショフ杯でジュニアグランプリシリーズで初優勝。ジュニアグランプリファイナルに初出場して第5位だった。世界ジュニア選手権ではSP1位に立つも、2年連続で4位に終わった。

2011-2012シーズン、シニアクラスに移行[編集]

ニース杯でシニアの国際大会初優勝。

2014-2015シーズン、所属をカナダへ変更[編集]

母親がカナダ人ということもあり、所属をカナダに移した。カナダ選手権では5位に入った[3]

2015-2016シーズン[編集]

オンドレイネペラトロフィーでジャンプがSP、FS共に乱れ5位。グランプリシリーズ初参戦となったスケートカナダでは、SP・FS共にミスが多発し11位に終わった。カナダト選手権では、SP4位につけたが、FSでジャンプが乱れ順位を2つ下げ6位に終わった。

2016-2017シーズン[編集]

オータムクラシックでSPの自己ベストを更新し3位につけた。FSでは順位を1つ下げ4位に終わり表彰台を逃した。ゴールデンスピンではSP・FS・総合得点共に自己ベストを更新し銅メダルを獲得。2012年ニース杯以来の国際大会での表彰台となった。カナダ選手権ではSP8位から巻き返し5位となった。

2017-2018シーズン、平昌オリンピック出場[編集]

オータムクラシックではSP自身初めて80点を超え自己ベストを更新し4位発進。FSも161.97と自己ベストを16点以上更新した。総合得点も自己ベストを大きく更新し、ハビエル・フェルナンデス羽生結弦に次ぐ3位に入った。カナダ選手権では初表彰台となる銀メダルを獲得し、平昌オリンピック代表に選出された。同大会では個人戦に出場し12位。初出場の世界選手権では8位の成績を残した。

2018-2019シーズン[編集]

ネーベルホルン杯ではカナダ移籍以降初の国際大会優勝を果たした。スケートカナダでは銀メダルを獲得し、ISU主催のシニアの国際大会で初めて表彰台に立った。ロステレコム杯では5位に終わり、グランプリファイナル進出を逃した。しかしながら、羽生結弦の負傷により繰り上がり出場が決まった。カナダ勢は、1999-2000シーズンよりシニアクラスのいずれかのカテゴリーにグランプリファイナル進出者を送りこんでおり、20年ぶりの出場者ゼロの事態は回避された。カナダ選手権では3位、初出場の四大陸選手権では4位となった。世界選手権では前年より大きく順位を下げ15位に終わった。

2019-2020シーズン[編集]

SPには結婚式で踊った思い出の曲、エド・シーランの"Perfect"を選択した[2]オータムクラシックでは銅メダルを獲得。大会直後には弟のパクソンを亡くす不幸に見舞われた。スケートアメリカではSPの自己ベストを更新し3位につけるも、FSではジャンプのミスが重なり総合4位に順位を下げた。エキシビションでは、愛弟に別れを告げる演技を披露した[4]四大陸選手権ではSPで4位につけるも、FSではジャンプのミスや転倒が相次ぎ8位。総合8位となった。

2020-2021シーズン[編集]

2020-2021シーズンのグランプリシリーズは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的な感染拡大の影響で、出場を地元選手や開催国に拠点を置く選手らに制限する変則開催となった。アラスカを拠点としているメッシングはスケートアメリカに出場。3位に入り、グランプリシリーズにおける二度目のメダルとなる銅メダルを獲得した。世界選手権ではミスのない好調な演技を見せSP5位発進。FSでも4回転トウループ2本を成功させ自己最高位となる総合6位入賞。2022年北京オリンピックにおけるカナダ男子シングルの出場枠1と、オリンピック出場枠最終予選会である2021年ネーベルホルン杯で2枠目を獲得するチャンスを得て、オリンピックの出場枠2へ望みをつないだ。

2021-2022シーズン、北京オリンピック出場[編集]

グランプリシリーズはスケートカナダで5位、フランス国際で6位。オリンピック代表選考会であるカナダ選手権では、拠点であるアラスカから開催地オタワに向かう途中でスケート靴をがロストバゲージに遭うというアクシデントに見舞われ、公式練習には、買ったばかりの靴で参加した。靴は試合本番までには届き、ジャンプなどのミスはあったもののアクシデントの影響を感じさせない演技で大会初優勝。2位のローマン・サドフスキーとともにオリンピック代表に選ばれた。

北京オリンピック[編集]

団体戦への出場も予想されていたが、北京への渡航に必要なPCR検査に時間を要し団体戦の日程に間に合わなかった[5]。団体戦の2日後から行われる個人戦への出場も危ぶまれていたが、2月7日には北京へ到着し、8日の個人戦SPには何とか間に合った[6]。結果は11位。トップ10入りはならなかったが、前回の平昌五輪から一つ順位を上げた。大会最終日に開催されるエキシビションに招待され、演技を披露。試合のプログラムには組み込むことが禁止されているバックフリップなどを披露し大いに会場を沸かせた[7]

主な戦績[編集]

International Skating Union.svgマークが付いている大会はISU公認の国際大会。

カナダ代表(2014-15シーズンから)[編集]

大会/年 2014
-15
2015
-16
2016
-17
2017
-18
2018
-19
2019
-20
2020
-21
2021
-22
International Skating Union.svg 冬季オリンピック 12 11
International Skating Union.svg 世界選手権 8 15 中止 6 14
International Skating Union.svg 四大陸選手権 4 8
カナダ選手権 5 6 5 2 3 3 中止 1
International Skating Union.svg GPファイナル 5
International Skating Union.svg GPフランス杯 6
International Skating Union.svg GP中国杯 4
International Skating Union.svg GPスケートアメリカ 4 3
International Skating Union.svg GPロステレコム杯 5
International Skating Union.svg GP NHK杯 5
International Skating Union.svg GPスケートカナダ 11 8 2 5
CSネーベルホルン杯 1
CSゴールデンスピン 3 1
CSオータムクラシック 4 3 3
CSネペラ杯 5

アメリカ代表(2013-14シーズンまで)[編集]

大会/年 2006
-07
2007
-08
2008
-09
2009
-10
2010
-11
2011
-12
2012
-13
2013
-14
全米選手権 3 N 5 J 2 J 9 8 7 16 12
CSネーベルホルン杯 3
ニース杯 1 1
International Skating Union.svg 世界Jr.選手権 4 4
International Skating Union.svg JGPファイナル 5
International Skating Union.svg JGPブラショフ杯 1
International Skating Union.svg JGPトルン杯 6
International Skating Union.svg JGPチェコスケート 4 4
International Skating Union.svg JGPジョン・カリー記念 13 2
ガルデナスプリング杯 6 J
  • J - ジュニアクラス
  • N - ノービスクラス

詳細[編集]

2021-2022 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2022年3月21日-27日 2022年世界フィギュアスケート選手権モンペリエ 9
91.18
17
143.85
14
235.03
2022年2月8日-10日 2022年北京オリンピック北京 9
93.24
10
172.37
11
265.61
2022年1月6日-12日 カナダフィギュアスケート選手権オタワ 1
84.38
1
173.65
1
258.03
2021年12月7日-11日 ISUチャレンジャーシリーズ ゴールデンスピンザグレブ 1
90.26
1
164.81
1
255.07
2021年11月19日-21日 ISUグランプリシリーズ フランス国際グルノーブル 6
85.03
6
168.03
6
253.06
2021年10月29日-31日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダバンクーバー 3
93.28
10
145.06
5
238.34
2021年10月7日-10日 ISUチャレンジャーシリーズ フィンランディア杯エスポー 1
92.39
7
150.19
4
242.58
2020-2021 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2021年3月22日-28日 2021年世界フィギュアスケート選手権ストックホルム 5
93.51
6
176.75
6
270.26
2020年10月23日-24日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカラスベガス 3
92.40
3
174.02
3
266.42
2019-2020 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2020年2月4日-9日 2020年四大陸フィギュアスケート選手権ソウル 4
94.03
8
149.90
8
243.93
2020年1月13日-19日 カナダフィギュアスケート選手権ミシサガ 1
92.61
3
149.18
3
241.79
2019年11月8日-10日 ISUグランプリシリーズ 中国杯重慶 5
76.80
3
160.56
4
237.36
2019年10月18日-20日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカラスベガス 3
96.34
8
143.00
4
239.34
2019年9月12日-14日 ISUチャレンジャーシリーズ オータムクラシックオークビル 3
89.57
3
166.45
3
256.02
2018-2019 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2019年3月20日-24日 2019年世界フィギュアスケート選手権さいたま 14
82.38
15
155.26
15
237.64
2019年2月5日-10日 2019年四大陸フィギュアスケート選手権アナハイム 5
88.18
3
179.43
4
267.61
2019年1月18日-20日 カナダフィギュアスケート選手権セントジョン 2
87.18
3
160.26
3
247.44
2018年12月5日-9日 2018/2019 ISUグランプリファイナルバンクーバー 6
79.56
5
156.49
5
236.05
2018年11月16日-18日 ISUグランプリシリーズ ロステレコム杯モスクワ 7
73.83
6
146.92
5
220.75
2018年10月26日-28日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダラヴァル 1
95.05
2
170.12
2
265.17
2018年9月26日-29日 CSネーベルホルン杯オーベルストドルフ 1
90.63
1
166.53
1
257.16
2017-2018 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2018年3月19日-25日 2018年世界フィギュアスケート選手権ミラノ 6
93.00
11
159.30
8
252.30
2018年2月16日-17日 平昌オリンピック平昌 10
85.11
12
170.32
12
255.43
2018年1月9日-15日 カナダフィギュアスケート選手権バンクーバー 3
85.65
3
173.60
2
259.25
2017年11月10日-12日 ISUグランプリシリーズ NHK杯大阪 5
80.13
6
155.67
5
235.80
2017年10月27日-29日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダレジャイナ 5
82.17
10
135.58
8
217.75
2017年9月20日-23日 ISUチャレンジャーシリーズ オータムクラシックピエールフォン 4
86.33
3
161.97
3
248.30
2016-2017 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2017年1月16日-22日 カナダフィギュアスケート選手権オタワ 8
72.09
5
158.95
5
231.04
2016年12月7日-10日 ISUチャレンジャーシリーズ ゴールデンスピンザグレブ 2
76.39
4
146.91
3
223.30
2016年9月29日-10月1日 ISUチャレンジャーシリーズ オータムクラシックピエールフォン 3
75.41
4
139.69
4
215.10
2015-2016 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2016年1月18日-24日 カナダフィギュアスケート選手権ハリファックス 4
77.20
6
144.30
6
221.50
2015年10月30日-11月1日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダレスブリッジ 10
67.13
11
115.12
11
182.25
2015年9月30日-10月4日 ISUチャレンジャーシリーズ オンドレイネペラトロフィーブラチスラヴァ 4
73.16
5
122.51
5
195.67
2014-2015 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2015年1月19日-25日 カナダフィギュアスケート選手権キングストン 6
70.00
5
138.17
5
208.17
2013-2014 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2014年1月5日-12日 全米フィギュアスケート選手権ボストン 14
61.15
11
136.30
12
197.45
2012-2013 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2013年1月20日-27日 全米フィギュアスケート選手権オマハ 13
64.06
16
123.28
16
187.34
2012年10月24日-28日 2012年ニース杯ニース 1
80.11
2
144.33
1
224.44
2012年9月27日-29日 2012年ネーベルホルン杯オーベルストドルフ 3
68.56
4
142.22
3
210.78
2011-2012 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2012年1月22日-29日 全米フィギュアスケート選手権サンノゼ 5
76.66
12
135.81
7
212.47
2011年10月26日-30日 2011年ニース杯ニース 1
77.75
4
125.67
1
203.42
2010-2011 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2011年2月28日-3月6日 2011年世界ジュニアフィギュアスケート選手権江陵 1
72.58
7
122.49
4
195.07
2011年1月23日-30日 全米フィギュアスケート選手権グリーンズボロ 4
69.79
8
143.50
8
213.29
2010年12月9日-12日 2010/2011 ISUジュニアグランプリファイナル北京 2
68.52
8
106.90
5
175.42
2010年10月13日-16日 ISUジュニアグランプリ チェコスケートオストラヴァ 4
61.53
4
116.37
4
177.90
2010年9月9日-11日 ISUジュニアグランプリ ブラショフ杯ブラショフ 2
65.33
1
122.05
1
187.38
2009-2010 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2010年3月10日-11日 2010年世界ジュニアフィギュアスケート選手権ハーグ 2
68.90
4
128.13
4
197.03
2010年1月15日-17日 全米フィギュアスケート選手権スポケーン 12
63.38
8
126.97
9
190.35
2009年9月11日-12日 ISUジュニアグランプリ トルン杯トルン 11
45.73
3
107.73
6
153.46
2008-2009 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2009年1月18日-25日 全米フィギュアスケート選手権 ジュニアクラス(クリーブランド 2
59.80
3
117.14
2
176.94
2008年10月15日-18日 ISUジュニアグランプリ ジョン・カリー記念シェフィールド 3
64.70
1
123.51
2
188.21
2008年9月17日-21日 ISUジュニアグランプリ チェコスケートオストラヴァ 3
57.85
5
102.51
4
160.36
2007-2008 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2008年1月20日-27日 全米フィギュアスケート選手権 ジュニアクラス(セントポール 6
57.11
5
119.52
5
176.63
2007年10月18日-21日 ISUジュニアグランプリ ジョン・カリー記念シェフィールド 14
46.19
13
94.00
13
140.19
2006-2007 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2007年3月29日-30日 2007年ガルデナスプリング杯 ジュニアクラス(セルヴァ・ガルデーナ 3
51.57
7
78.45
6
130.02
2007年1月21日-28日 全米フィギュアスケート選手権 ノービスクラス(スポケーン 7
40.42
1
94.59
3
135.01

プログラム使用曲[編集]

シーズン SP FS EX
2021-2022 Never Tear Us Apart
曲:ジョー・コッカー
振付:ランス・ヴィポンド
Home
曲:Phillip Phillips
振付:ランス・ヴィポンド
1,2,3,4

曲:Alan Doyle

2020-2021 パーフェクト
曲:エド・シーラン
振付:ランス・ヴィポンド
November Rain
曲:ガンズ・アンド・ローゼス
振付:ランス・ヴィポンド
1,2,3,4

曲:Alan Doyle


Here I Am

曲:ブライアン・アダムス

2019-2020
2018-2019 君はともだち
(映画『トイ・ストーリー』シリーズより)
ボーカル:マイケル・ブーブレ
作曲:ランディ・ニューマン
振付:ランス・ヴィポンド
The Sober Dawn (映画『街の灯火』より)
/ The Reel Chaplin: A Symphonic Adventure, Pt.2
作曲:チャールズ・チャップリン
振付:ランス・ヴィポンド
Trashin' the Camp
(映画『ターザン』より)
2017-2018 雨に唄えば
ボーカル:ジーン・ケリー
作曲:ナシオ・ハーブ・ブラウン
振付:ランス・ヴィポンド
シェイク・ア・テイル・フェザー
/ 監獄ロック
演奏:ブルースブラザーズ
2016-2017 映画『ピンク・パンサー』より
作曲:ヘンリー・マンシーニ
2015-2016 Always Look on the Bright Side of Life
曲:モンティ・パイソン
2014-2015 映画『マスク・オブ・ゾロ』より
作曲:ジェームズ・ホーナー
振付:ローリー・ブルクハルト
ミュージカル『ウィズ』より Ease On Down The Road
2013-2014[8] シング・シング・シング
作曲:ルイ・プリマ
振付:ローリー・ブルクハルト
2012-2013[9][10] 映画『マトリックス』サウンドトラックより
作曲:ドン・デイヴィス
振付:ステファニー・グロスコップ
2011-2012 映画『ロビン・フッド』サウンドトラックより
作曲:マルク・ストライテンフェルト
映画『タイタンの戦い』サウンドトラックより
作曲:ラミン・ジャヴァディ
映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』サウンドトラックより
作曲:ハンス・ジマー
2010-2011 映画『インクレディブル・ハルク』サウンドトラックより
作曲:クレイグ・アームストロング
映画『ウィズ』より
2009-2010 映画『路上のソリスト』サウンドトラックより
作曲:ダリオ・マリアネッリ
Thank God I'm a Country Boy
曲:ジョン・デンバー
2008-2009 Fundamentum
by Lesiëm
映画『グレムリン』サウンドトラックより
作曲:ジェリー・ゴールドスミス
2007-2008


脚注[編集]

  1. ^ A Proposal, Alaska Style
  2. ^ a b Keegan Messing: Perfect Duet
  3. ^ Keegan not Messing around
  4. ^ Keegan Messing performs heartfelt gala tribute to late brother at Skate America
  5. ^ Canadian figure skater Keegan Messing's Olympics in limbo as he awaits negative COVID test results” (2022年2月1日). 2022年3月11日閲覧。
  6. ^ 五輪出場危機だったメッシングが北京入り 海外記者「アドレナリンが駆け巡っている」”. the-ans.jp (2022年2月8日). 2022年3月11日閲覧。
  7. ^ gorin.jpのツイート”. twitter.com (2022年2月20日). 2022年3月11日閲覧。
  8. ^ 'Gladiator' Manella ousts 'Zorro' Messing in Aston
  9. ^ Messing misses Axel but feet still sing, sing, sing
  10. ^ Aaron tests 'West Side Story', ends up with win

参考文献[編集]

外部リンク[編集]