カイワレダイコン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
かいわれだいこん 芽ばえ 生[1]
100 gあたりの栄養価
エネルギー 88 kJ (21 kcal)
3.3 g
食物繊維 1.9 g
0.5 g
2.1 g
ビタミン
ビタミンA相当量
(20%)
160 μg
(18%)
1900 μg
チアミン (B1)
(7%)
0.08 mg
リボフラビン (B2)
(11%)
0.13 mg
ナイアシン (B3)
(9%)
1.3 mg
パントテン酸 (B5)
(6%)
0.29 mg
ビタミンB6
(18%)
0.23 mg
葉酸 (B9)
(24%)
96 μg
ビタミンC
(57%)
47 mg
ビタミンE
(14%)
2.1 mg
ビタミンK
(190%)
200 μg
ミネラル
ナトリウム
(0%)
5 mg
カリウム
(2%)
99 mg
カルシウム
(5%)
54 mg
マグネシウム
(9%)
33 mg
リン
(9%)
61 mg
鉄分
(4%)
0.5 mg
亜鉛
(3%)
0.3 mg
(2%)
0.03 mg
他の成分
水分 93.4 g
水溶性食物繊維 0.3 g
不溶性食物繊維 1.6 g
ビオチン(B7 5.6 µg
硝酸イオン 0.1 g

ビタミンEはα─トコフェロールのみを示した[2]。別名: かいわれ 茎基部約1 cmを除去したもの 
%はアメリカ合衆国における
成人栄養摂取目標 (RDIの割合。

カイワレダイコン(穎割れ大根、貝割れ大根)は、ダイコン発芽直後の胚軸子葉を食用とするスプラウト食材である。

栄養等[編集]

ローフード酵素栄養学では「酵素を多く含む食材である」として重視される。

発芽に伴う代謝の中で、種子のときには存在しなかった成分も新たに合成され、ビタミンミネラルフィトケミカルなどが含まれる。

利用[編集]

生のままサラダ丼物の彩りとして用いらることが多い。

歴史[編集]

  • 平安時代の『和名類聚鈔』(和名抄)の「菜羹類」で黄菜(おうさい)としてカイワレダイコン(ノダイコンの若芽)が記述されていて、これは「さわやけ」とも呼ばれ『宇津保物語』でも「さわやけの汁」と使われている[3]
  • 福岡市能古島に住む前田瀧郎が現在の水耕栽培方式による大量生産システムを考案した。
  • 1986年9月18日、大阪にて、日本かいわれ協会(現•日本スプラウト協会)発足。第一回総会において9月18日をかいわれ大根の日と制定した。
  • 1996年7月13日大阪府堺市で学校給食へのO-157汚染による食中毒事件(堺市学童集団下痢症)の厚生省による疫学原因調査でカイワレダイコンが感染源の可能性が高いと報道された。その結果風評被害で壊滅的打撃を受け、倒産破産はおろか、自殺してしまうカイワレ生産者が出る事態となった(原因については、その近くにと畜場があり、それが関係しているという説もあるが、原因は特定できなかったと発表された)。これを打開するため、当時の厚生大臣であった菅直人が安全さを消費者へアピールする目的でカイワレを食べる姿が報道された。
  • その後、農林水産省の補助事業により(社)日本施設園芸協会から「かいわれ大根生産衛生管理マニュアル」が刊行され、次亜塩素酸ナトリウムを用いた衛生管理が推奨されている[1]
  • 2005年6月、日本かいわれ協会が第20回総会において日本スプラウト協会に改称する。

カイワレ生産者[編集]

2012年6月現在、日本全国に36生産者44農場がある。そのうち25生産者が日本スプラウト協会に加盟している。生産者の多くは、カイワレの生産とともにブロッコリースプラウトやレッドキャベツスプラウト、豆苗、そば菜など多品種のスプラウトを生産している。特に埼玉は生産量が1位である。

脚注[編集]

  1. ^ 文部科学省 「日本食品標準成分表2015年版(七訂)
  2. ^ 厚生労働省 「日本人の食事摂取基準(2015年版)
  3. ^ 青葉 (2000)、p.89

参考文献[編集]

青葉高 『野菜の日本史』 八坂書房〈青葉高 著作選II〉、東京都、2000年、初版。ISBN 4-89694-457-7

外部リンク[編集]