宮重大根

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:実物の画像提供をお願いします。2016年11月
宮重大根の位置(愛知県内)
宮重大根
清須市春日宮重の位置

宮重大根(みやしげだいこん)は、愛知県清須市特産の尾張大根の品種。

概要[編集]

西春日井郡春日村宮重が発祥とされる[1]。尾張大根を代表する品種であり、また全国的にも知られる主要品種であるという[1]青首大根の一種であり、京野菜聖護院大根はここから発祥したものとされる[1]。また、青首大根の多くは、この品種の系統に属するともされる[2]。生産地である各集落名がつけられた系統として、五日市場・氏永・明治・蜂須賀・小日比野・西成・下津・九日市場などが存在し、それぞれ生食・切り干し漬物と適する用途が異なるとされる[3]。生産地ではおやつ代わりに、青首の部分を輪切りにし、皮をむき、生で塩をつけて食べる習慣があるくらい、首の部分の強い甘さが特徴である[3]第二次世界大戦後、病気による打撃や嗜好の変化による消費量の減少により、生産されなくなった[2]平成時代に入り、「宮重大根純種子保存会」により復活している[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 農山漁村文化協会 2006, p. 134.
  2. ^ a b c 清須市市民環境部産業課 (2014年2月1日). “きよすの特産物” (日本語). 清須市. 2015年7月26日閲覧。
  3. ^ a b 農山漁村文化協会 2006, p. 135.

参考文献[編集]

  • 『伝承写真館 日本の食文化 7 東海』 農山漁村文化協会、農山漁村文化協会、2006年7月5日ISBN 4-540-06230-1