三浦大根

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

三浦大根(みうらだいこん)は、神奈川県三浦半島特産のダイコン品種である。

かつては三浦半島の主力品種であったが、1980年昭和55年)頃を境に作付が激減し、青首大根に主力の座を譲った。 現在は地域の出荷量全体の1%程度に留まり、主に正月商材として冬季(12月〜3月)に流通する[1]

特徴[編集]

  • 白首大根系の品種。重さは通常2.5~3kg、大きいもので5kg〜8kg、長さは約60cmほどになる[1][2]
  • 首の部分が細くて尻に向って太くなる「中ぶくら」[1][2][3]。このため収穫時に抜き難く[3]、高齢化が進む農家から敬遠される原因となった。
  • 肉質は緻密で柔らかく、煮崩れしにくいためぶり大根などの煮物やおでんの具に向く[2][3]。辛味は強め[2]

利用法[編集]

  • 煮物、なます、つま。
  • 焼酎原料。

歴史[編集]

  • 三浦半島では、江戸時代初期の寛永年間から大根栽培が行われていた[1]
  • 三浦の地場大根の高円坊大根と練馬大根などを交雑し、長期に渡り耐病性の三浦大根が育成される[4]
  • 1925年大正14年) 郡農会の岸亀蔵技師により正式に「三浦大根」と命名される[4]
  • 1979年昭和54年) 台風20号によって甚大な被害を受ける[1]。追播に栽培が容易で多収、軽量の青首系品種「耐病総太り」が導入される[4]
  • 1980年(昭和55年)頃より、急速に作付が減少し、1981年(昭和56年)には青首大根に主力品種の座を譲る[4]

関連商品[編集]

  • だいこん焼酎 三浦 - 三浦大根とから作られる単式蒸留焼酎。アルコール度25%。三浦ブランド商品として企画され、福岡県の目野酒造株式会社に製造を委託。三浦市とその周辺の酒店での店頭販売のほか、通信販売も行なっている。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 三浦特産物紹介”. 三浦市農業協同組合. 2016年11月2日閲覧。
  2. ^ a b c d 三浦のダイコン”. 三浦市. 2016年11月2日閲覧。
  3. ^ a b c 「大根の王様」は神奈川・三浦半島に”. 日本経済新聞 夕刊. NIKKEI STYLE (2014年12月17日). 2016年11月2日閲覧。
  4. ^ a b c d 大場茂男. “環境保全型農業への技術と経営-三浦農業ゾーンにおける土地利用型野菜作の事例- (PDF)”. 農林水産政策研究所. 農林水産省. pp. 50-51. 2016年11月2日閲覧。