大根焚き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
了徳寺の大根焚き
準備中の大根

大根焚き(だいこだき)とは、京都11月から12月に行なわれる歳時記年中行事のことである。寺院などにおいて大根を煮たものを参拝者に振る舞い、仏前に供える行事である。

概要[編集]

元々は釈迦悟りを開いたことに喜び感謝する法要が時代を経て変遷したもので、悟りを開いたとされる12月8日グレゴリオ暦)の付近、大体11月から12月前半の間に行われる。由来や意味合いは寺院により大きく異なるが、大量のダイコンを煮て振る舞うというのは共通している。

大根煮については寺院により違いがあり、単にで煮込んだだけのものから、油揚げと共に醤油で煮込んだもの、煮込む前に大根に梵字を入れるものなど様々である。この時に炊かれる大根を食べると、中風にならないと信じられている。

ただし近い時期に各寺で行なわれる行事ではあるが、個々の寺の間に関連はなく、別々の由来・意味合いを持った行事として行なわれるものである。

その他、東山法住寺大原三千院などでも行なわれる。